ロッジわがや

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 東京時代の山の記憶 | トップページ | 救助訓練 »

2008年6月19日 (木)

大日沢で沢登り

080618dainitisawa0034tei.jpg
HPに画像を載せました
どこかの沢に行こうと調べていた。去年の岳人7月号の沢特集をめくっていたら、色んな沢屋さんが選ぶ「3大ナメ沢」とか「3大ゴルジュ沢」「ブナ沢」とか「デート沢(関係を深めたい異性<初心者>と楽しむために神様が用意したような渓)」というのがあった。大都市近郊の沢が当然多く紹介されているのであるが、富山近辺でも沢上谷や荒城川は複数の人が挙げていた。中でたった一人、この沢を「デート沢」で選んでいる人がいた。
メンバーは3人なので遠出をして県外でも安くあがるだろうと、この沢で決定。さらに福井のS藤さんも誘い、4人となった。
080618dainitisawa0044tei.jpg

さて、小杉から登山口まで2時間であった。真砂(まなご)集落は平成10年に廃村になったとのこと。しばらく林道を歩き、堰堤下から入渓。水量は少なめ。水は冷たくなく、用意周到のウェアのあらちゃんは暑そうである。私は釜が気持ち良さそうで泳ぎたいのであるが、一眼レフカメラを首から下げているので我慢する。
次から次へと2mから10mの滝が現れる。高巻いたり直登したり。ナメ滝も見事だ。ロープ或いはお助け紐は、3回ぐらい出した。最後は涸れ沢を詰めて、大日山頂上まで5分の登山道に出た。頂上でお昼を食べて、爽やかな風の吹く稜線を歩いてブナ木立を下り、登山口に戻った。
色んな要素が詰まった、楽しい沢であった。遠い記憶である東京近郊で遡行した20本くらいの沢と比較しても、面白いほうに入るであろう。でも、ここでデートしたいか、と問うと、その答えは皆「ノー」「デートなら沢上谷」であった。
080618dainitisawa0047tei.jpg

« 東京時代の山の記憶 | トップページ | 救助訓練 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京時代の山の記憶 | トップページ | 救助訓練 »