ロッジわがや

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« T Back | トップページ | 御嶽・王滝川鈴ヶ沢東股遡行 »

2008年7月10日 (木)

恵那山2191m

p7088987tei.jpg
夏の忙しい時期の前に、遠出をして沢登りを楽しもう。でも谷川岳方面はまだ雪渓が多いらしい。木曽御嶽に明るい沢があるとの情報を得て、それともう1本、中央アルプスの木曽駒ヶ岳西面の沢と2本登る計画を立てた。
メンバーは先日大日沢を共にしたA井さんと私。7日の夜に富山を出て、4時間走って木曽駒近くの道の駅で仮眠した。4時に目覚めると雨。時々遠くで雷鳴。実はこの頃、富山は激しい雷雨だったらしい。
携帯で気象情報サイトの雨雲レーダーを見ると(便利な世の中になったものだ)、どんどん雨雲が押し寄せてくる。当初は正沢川幸ノ沢という沢を遡行するつもりだったが、より安全な山歩きに変更した。A井さんの提案で岐阜県・中津川の恵那山に登ることに。
神坂峠の奥の恵那山登山口は、木曽駒の道の駅から2時間もかかった。そこから広河原まで林道を歩き、登り始める。急登が続くが、景色もないので無心で歩く。やがて稜線に出て、恵那山頂に着いた。そこから10分ほどの所に避難小屋があり、そこで休憩、神坂峠コースに向かう。鳥越峠から阿智村方面に下り、車に戻った。時々南アルプスが見えたが、晴れていると富士山などの展望は素晴らしいらしい。花は全くと言っていいほど咲いてなかった。そして誰にも会わなかった。
初めての頂を踏むのは嬉しいもの。滅多に行けない遠くの山に期せずして登ることが出来た。
車で御嶽の麓に向かう途中、馬籠宿を観光して買出しをして温泉へ。皮肉なことに観光している時は晴れているものだ。そして目的地・大滝村の鈴ヶ沢橋に到着。テントを張って食べて飲んで寝たのであった。さぁ、翌日は沢だ。
6:50出発 7:30広河原登山口 9:25恵那山頂上 9:35/10:25避難小屋 12:10鳥越峠 13:10車に戻る
p7089000tei.jpg

« T Back | トップページ | 御嶽・王滝川鈴ヶ沢東股遡行 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« T Back | トップページ | 御嶽・王滝川鈴ヶ沢東股遡行 »