ロッジわがや

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 金峰山2599m | トップページ | 大品山1404m »

2009年5月19日 (火)

蓮華岳2799mから滑降

090518rengedake0115tei.jpg
19日(火)に針の木大雪渓を登り、蓮華岳大沢右俣を滑降しました。

業務連絡:一緒に行った3名様へ。http://www.imagegateway.net/a?i=KksDabymTo

http://www.imagegateway.net/a?i=p1Klgax0UJこの2つのアルバムから、好きな画像を保存してください。もっと大きい画像もありますので、必要ならメールください。あ、他の人もご自由にどうぞ~

tei090519rengedake0001.jpg
東京にいた頃入っていた山岳会の先輩から声がかかり、久しぶりに一緒に行ってきました。

千葉と富山から扇沢に、深夜1時半に集結。けっこう沢山呑んで就寝。快晴の下、5時20分に出発しました。
tei090519rengedake0002.jpg
メンバーは上から、会社も山岳会も一緒だったT野さん、私と1年ほど活動がだぶったT山さん、T野さんと学生時代に山を共にし30年ぶりに一緒に登るというO野さん(勿論私・T山さんとは初対面)。
tei090519rengedake0003.jpg
大沢小屋まで歩き、針の木雪渓に下り立ち板を履きました。標高差800mを登っていきます。
tei090519rengedake0004.jpg
針の木峠を越えて、スキーを担いで稜線を歩きます。
tei090519rengedake0005.jpg
全員初めての蓮華岳。展望良く、すっかり気に入りました。
tei090519rengedake0006.jpg
頂上でスキーを履き、いざ行かん。
tei090519rengedake0007.jpg
剱岳をバックに大斜面を滑るO野さん。
tei090519rengedake0008.jpg
35度くらいの斜度でしょうか、軽快に滑るT山さん。
tei090519rengedake0009.jpg
だんだんと沢は細くなり、斜度もきつく感じてきます。
tei090519rengedake0010.jpg
この辺りから、落ちている石やデブリや縦溝で難しくなってきました。
tei090519rengedake0011.jpg
それでもT野さんのショートターンはさすがです。

会にいたのは19年前までですが、5年ほど前にT野さん、T山さんとは春の双六・黒部川源流に行きました。昔の山仲間とこうやってまた行ける、とっても嬉しいことです。
tei090519rengedake0012.jpg
下山したら腰がすごく痛くなっていたのは、デブリと縦溝でバウンドしすぎたせいでしょうか。
tei090519rengedake0013.jpg
左俣との合流地点で、ほっとして休憩。当初、針の木雪渓ではなく、右俣を登ってそのまま下ろうという案もありました。でも、この沢を初めに見上げていたら、怖くて行けなかったと思います。石なんか、何時落ちて来るか分かりませんから。

堰堤で一度スキーを脱ぎ、かなり下まで板を痛めながら滑っていきました。
tei090519rengedake0014.jpg
無事下山して「薬師の湯」に入り、大町の「タカラ食堂」で遅い昼食。レトロな雰囲気で親子丼も蕎麦も美味しかった。

また皆さんと何処か行きたいです。

5:20扇沢 9:10/9:30針の木峠 10:50/11:20蓮華岳 12:45扇沢

« 金峰山2599m | トップページ | 大品山1404m »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金峰山2599m | トップページ | 大品山1404m »