ロッジわがや

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の10件の記事

2009年9月27日 (日)

高尾山599m

img20090927.jpg
用事があり、東京に行ってきました。金曜の夜は、八王子に住む古い友人宅に泊まり、遅くまで飲んで話し込みました。
明けて26日(土)は、11時に遅い朝食の後、近くにある高尾山に行く事にしました。最近、ミシュランに載ったとかで、外国人も多数訪れる大人気スポットと聞いていました。実際、駅前からすごい数の人たちです。登山コースは幾つかありますが、私と京都に住む友人のしげは、登りにリフト、下りにケーブルを利用しました。
img20090927_1.jpg
リフトを降りて40分ほどで、高尾山頂上着。あまり感激はありません。頂上は3枚目の通り、宴会の団体など大勢の人。ハイキングと呼ぶには自然に触れるでもなく、坂道を登って下りた感じです。
img20090927_2.jpg
でも、以前ロッジに泊まりに来たガイド仲間が高尾山のガイドもしていて、「実は自然豊かな所だ」と言ってました。そう、もう少し静かなルートを選んでいたら、感想は違っていたかもしれません。
改めて、富山は自然に恵まれているなぁ、同じ時間があれば中山だって大辻山だって行けるもの。そう思いました。

2009年9月23日 (水)

そば大食い大会

怒涛のシルバーウィークも、今日で終了しました。ロッジわがやをご利用のお客様、ありがとうございました!北海道、新潟、群馬、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、岐阜、石川、京都、大阪、兵庫、香川、島根など、各地からの旅行、満喫していただけたでしょうか。

旅館業を営む仲間と話していても、やはり今回はどこも凄かったようです。例えば、前回記事で書いたアルペンルートの待ち時間、もっと長かったみたいです。また、「今晩、部屋空いてますか」との飛び込み電話が沢山あったのも久しぶりでした。

090923soba0005.jpg
さて、今日のチェックアウトが終わり、自分へのご褒美としてhappy01近くで行なわれる「そば大食い大会」に出場することにしました。11回目となりますが、初参加です。一般男子は47名出場、参加費千円。制限時間は3分で、30グラムのそばを何杯食べれるかを競います。

私はゼッケン13番。けっこう大食いなので、そこそこいく自信はありましたが・・・。結果は24杯。優勝から3位までは32杯で並び、年齢の高い順に決まりました。

あと8杯、いけたような気もします。というのも、その後裏方として1時間半手伝った後、余ったそばを10杯と温かい「あわすのそば」を1杯と150グラムのおにぎりとチャーシュー1枚を食べましたから。満腹になってではなく、食べ方が悪くて負けました。のどがむせて仕方なかったけれど、もっとそばつゆに浸せばよかった。残念ですが、楽しかったです。
090923soba0001.jpg
地元のおばちゃんたちの手打ち「あわすのそば」、美味しかったです。また、手打ちそば体験は要予約で2000円にて出来ます。ぜひ立山山麓にお越しください。
090923soba0003.jpg

2009年9月21日 (月)

今朝の立山駅

img20090921.jpg
お蔭様で、「わがや」は19・20・21日と満室御礼。忙しくも充実した、楽しい毎日を送っております。アルペンルートに行かれるお客様も、パラグライダーの大会関係者も、本日は最高の天気ではないでしょうか。
毎朝と夕方、立山駅に送迎で行っております。ざっと見渡した感じ、GWより混雑している印象を受けます。車を停めるのに30分、切符を求めるのに1時間、ケーブルに乗るのに2時間半それぞれかかる感じです。
勿論、「わがや」お泊りのお客様には、前日購入等、少しでもスムーズに旅が出来るようにアドバイスをしております。どうか皆様、よい旅を!

2009年9月17日 (木)

5連休の宿泊予約状況

img_7796tei.jpg
いつの間にかシルバーウィークとの呼び名がついている明後日からの5連休。各地とも賑わいそうですね。
「ロッジわがや」の17日朝現在の予約状況です。
19日(土) あと1部屋
20日(日) 満室
21日(月) あと1部屋
22日(火) 余裕あり
となっております。アルペンルートは大変込み合います。当方では、少しでもスムーズに且つ楽しく行けるよう、アドバイスをさせていただきます。お問い合わせ、ご予約お待ちしております。
img_5968tei.jpg

2009年9月14日 (月)

雲の平縦走その3

090908kumo0019.jpg
10日(木)も晴れ。雲の平テント場から祖父岳への道、4年前には直接上がれたのですが、新しい巻き道を建設中でした。今回はその道を利用、40分ほど余計にかかるようになっていました。
当初は三俣まで鷲羽岳経由の計画でしたが、三俣山荘へ最短コースを取ることに。途中から槍穂が見え始め、やはり槍が見えると写真を撮ってしまいます。
090908kumo0024.jpg
黒部川源流を渡り、三俣のテント場へ。ここから鷲羽を往復する予定でしたが、着いてみると行く気は失せて、展望食堂でビールを飲んでテントで昼寝。気持ち良かったです。
090908kumo0035.jpg
そして夕方は槍穂が赤く染まりました。
090908kumo0053.jpg
11日(金)も晴れ。三俣蓮華岳に登り、双六のテント場までの予定でした。しかし翌日は雨の予報だし早めに下山したい。ということで、テント場のない鏡平小屋まで足を延ばしました。久しぶりに泊まるこの小屋、快適で料理も美味しかったです。Sさんご夫婦のお友達とも合流。私もばったり山岳会の仲間、Yちゃんに会ったので、鏡池のほとりで一緒に飲みました。
12日(土)は予報通りの雨。新穂高温泉まで下り、今回のガイド山行は終了となりました。久しぶりに長い期間のテント生活、私も充分楽しませていただきました。ありがとうございました。

2009年9月13日 (日)

雲の平縦走その2

090908kumo0002.jpg
8日(火)の朝8時、神奈川のSさんご夫婦と折立を出発しました。テント一式と食糧全てとコッヘル(鍋)、自分の寝袋などを入れてザックはこの大きさ。ザックは試作品の貰い物なので何リットルのか書いてなくて不明ですが、重さは20~25kg程でしょうか。食糧分、日毎に軽くなっていくのが楽しみです。ネギ一本差しているのが、チャームポイントです。happy01
2時過ぎに薬師峠テント場に着いて、この日の夕食はカレーや和え物など。それと釣ってきた岩魚一尾を3人で分けました。
090908kumo0004.jpg
9日(水)も晴れ。目指す雲の平方面が見えます。薬師沢から雲の平の登り、相変わらずキツかったです。でも頑張って登りきりました。
090908kumo0008.jpg
雲の平山荘、解体されてプレハブが建っていました。来年夏には新しく建っているそうです。
090908kumo0010.jpg
水晶岳がどっしりと構えていました。テント場からは、残念ながら見えません。見えたなら、夕陽に染まる水晶を撮りたかったのですが。
090908kumo0013.jpg
薬師沢から担いできたビールで乾杯して、この日も楽しい夕食となりました。
雲の平でのテント、大学4年の時以来です。3~1年の女子部員6名のリーダー役でした。「雲の平に停滞してゆっくりスケッチやお花の観察がしたい」という女子大生らしい発想で、ここに2泊しました。今回はガイドとして25年ぶりにまた素敵な一日を過ごす事が出来た、感謝です。
この夜も星空がきれいでした。

2009年9月12日 (土)

折立~雲の平~双六~新穂高温泉その1

img_9683tei.jpg
4泊5日のテント縦走。ガイドの仕事で、奥黒部の山々をお客様共々満喫してきました。
img_9806tei.jpg
最終日の12日(土)以外は晴れ。連日素晴らしい景色でした。
img_9867tei.jpg
後日、また山行の様子を書きたいと思います。

2009年9月 7日 (月)

室堂山2668mと浄土山2831m

img_9671tei.jpg
6日は、室堂に下山した後に、続けて他の仕事に行ってきました。カルデラ博物館主催の、室堂山と浄土山に登る企画のガイドです。立山カルデラを上から眺めるのが目的です。朝は快晴だったのに、展望台に到着する頃にはカルデラからガスが。残念ながら見下ろすことは出来ませんでした。しかし、浄土山北峰からの雄山は見事だったし、雷鳥も3羽見ることが出来ました。
さて、明日からは個人ガイドで、計3人で奥黒部へ。折立から入り、雲の平・双六を経て新穂高温泉に下山します。4泊5日の長い山行、予報もまずまず、とっても楽しみです。テント一式と食糧の全ては私が背負いますが、生野菜も担いで、充実した山にしたいと思います。
下山したら、5連休に向けてロッジの仕事と稲刈りです。5連休、20日は満室ですが、他の日は若干空室がございます。メールチェックは出来ませんが、電話076-482-1240では受け付けております。お問い合わせはお気軽にどうぞ。お待ちしております。
ioeecvv.jpg

剱岳2999m登頂

090904turugiblog0001.jpg
8月末に続いて、剱にガイドの仕事で行ってきました。当初は9月3日入山・4日登頂でしたが、天気が悪そうなので、一日ずらして4日に入山。この日、富山平野は凄い雨と雷で、北陸本線も止まったとか。山はパラッと降っただけでした。
5日に剣山荘からお客様4名と剱岳を目指しました。青空の下、頂上に9時半に到着。コーヒーと梨でお祝いをしました。
090904turugiblog0002.jpg
カニのよこばいなどの難所も無事に通過。剱沢を登り返して剱御前小舎に到着して祝杯。
090904turugiblog0003.jpg
夕陽が、雲海に沈んでいきました。山っていいなぁ。色んな光景を見るたび、色んな人との出会いがあるたび、つくづくそう思います。

2009年9月 3日 (木)

好天の立山

img_9571tei.jpg
私は文系人間である。算数はある程度出来るが、理科はさっぱり理解出来ない。

おとといの晩、室堂山荘で柏崎の小学6年生に山の話をする機会があった。そこで「ポテトチップの袋が標高の高い此処で膨らむのは、気圧が低いからなんだよ」までは説明してあげた。でもそれは何故なのかを知らないので、彼らに教えてもらった。分かりやすく噛み砕いて説明してもらい、その時は理解したつもりだったが、今でもポテトチップの袋が何故標高の高い所で膨らむかは謎のままである。
同じく、「マラソンランナーは標高の高い所でトレーニングすると強くなるんだよ」と教えてあげたが、その理由は小学生から教えてもらった。
img_9575tei.jpg
その1日(火)、立山は快晴。大日岳の左、富山平野の雲海に夕陽が沈む光景は一瞬だった。夜の帳には、一の越の上に月が。丁度食事中で、小学生達がこの光景の中にいれなかったことがとっても残念。
img_9584tei.jpg
翌2日(水)も晴れ。皆頑張って歩き、84名全員、雄山の頂上に立った。この日も自分自身満足の行くガイドが出来た。
img_9587tei.jpg

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »