ロッジわがや

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の9件の記事

2010年5月28日 (金)

山菜採り

Qieovopb0001 昨日は文句なしの雨。でも、雨具を着て外に出てしまえば、そんなことは苦になりませんね。億劫がってはいけません。ということで、パラグライダースクールのS沢氏、Wさんと出かけました。ワラビがそこそこと、ウドが少々。ウドは伸びて硬いのが多かったのですが、先っちょの軟らかい部分だけ摘み、今日処理をしてみると、筋もなく食べれそうでした。

今日は一人で瀬戸蔵山まで。ゴンドラの駅員も言ってましたが、かなり遅れ気味。殆ど何も採れませんでした。その後は粟巣野近辺を探索でちょびっと。

今日は、室堂のライブカメラを見ると快晴!しかし立山山麓は霧の中でした。

2010年5月27日 (木)

餌釣りVS毛鉤釣り

Gikubgn0009 25日(火)は、前日の雨で主な河川は濁流。では、ということで源流に行きました。メンバーは前回も一緒に行ったTさんと、渓流釣りをしたことがないYさん。

Tさんは今回も餌釣り。私は3月の解禁と同時にテンカラ毛鉤釣りを貫いています。でも、やはり餌のほうが釣れますね~。深い所に毛鉤を流して反応が無くとも、川虫を付けた針を沈めて辛抱強く待っていると咥えるのですから。その分、こちらは瀬で釣り上げればいいのでしょうが、腕がまだまだ。結果、私は6尾。Tさんは3倍近かったのでは。

Yさんはひたすら山菜採りでしたが、ここぞというポイントで竿を持たされて、見事に岩魚を釣り上げました。味をしめて渓流釣りの世界に入ってくれるでしょうか。Gikubgn0006

2010年5月23日 (日)

毛鉤作り

Hougtudre000122日(土)は、一人で富山県西部の谷に出かけました。当初予定していた沢までの道は通行止め、歩くと相当かかりそう。手前の谷に入りました。午後から用事やらロッジのお客さんやらがあるので、10時半には終了。釣果は、まずまずでしたが、小型が多かったです。 さて、山登りなら「どこそこの山に行ってきました」とか書けるのですが、釣りとか山菜とかきのこだと、特定出来る場所を書くのはマナー違反、ルール違反かと。何だかんだと毎日のように沢なり山を歩いています。

今日は雨。昨晩泊まられたお客様、めげずに楽しい旅を続けられていることと思います。私は毛鉤を5本ほど作りました。一個作るのに5分ほどですが、集中出来るいい時間の過ごし方です。そんな毛鉤つくり、ようやく自分なりのスタイルが出来つつあります。

まず自己融着テープを胴に巻き、その上からクジャクの羽根を巻き、ブラウンのハックルを逆さまたは順に巻く、そんな感じでしばらくはやってみようと思います。

2010年5月20日 (木)

白山の麓で渓流釣り

P5160201tei 石川県在住のテンカラ釣りの師匠・Wさんと行ってきました。途中に雪の残った所もあり、この時期にこの沢に数十回来ているというWさんによると、それは初めてだそうです。

さて釣果。私はたったの7尾、Wさんは3倍以上。何が悪いのか、今後の課題として列挙しておきますと・・。・ポイントの読み違い・毛鉤の違い(しかし、Wさんから貰った毛鉤でもダメだったので、やはり腕の差か)・ライントラブル(おまつり)が多く、時間のロス・ポイントへの不注意な近づき方・「合わせ」の不適格さ などでしょうか。つまり、全て、です。色んな要素が重なり合って、釣れる岩魚を釣れなくしているのでしょうね。でも、いい勉強になりました。P5160203tei

2010年5月17日 (月)

田植え

100515_0858_01 15日(土)は、新湊の実家の田植え。暑くもなく寒くもなく、絶好の農作業日和。朝8時過ぎに始めて、夕方5時には四隅の手植えも終了していました。田植え機で植えきれなかった所を手で植える作業、標準語ではなんと言うのでしょうか。ここらでは「すまうえ」とか「よせうえ」とか「ふせうえ」とか言いますが。  追記:「うすうえ」とも言うのでした。おかみのブログより。

それにしても立山連峰が新雪をまとってきれいでしたね!

2010年5月12日 (水)

釣果ゼロ

先日、八尾の川にテンカラ釣りに行ってきました。まずは久婦須川へ。途中、万屋(よろずや)にて遊漁券の一年券を2500円にて購入。遊漁券を買うという行為、数年ぶりです。最近は漁協の管轄外で釣ることが多かったからです。

ところが水量多く、とても毛鉤を振り込む場所はありません。上流に行っても同じ。そこで別荘川に転進。水量はさほどではなかったですが、ボサがひどく楽しく竿を振れる状況ではなく、コツンとしたアタリを感じたものの釣れず、今度は野積川へ。ここも水量が多く、5分ほど護岸された川原に入ってみましたが、諦めました。結局、6時間ほど八尾で過ごしましたが、ドライブと下見と虚脱感で終わった一日でした。

下の写真は、4月25日に釣った今シーズン初の尺オーバー。この日、待ち合わせの時間まで10分だけ時間があったので、アプローチ0分の川へ。そこの落ち込みに毛鉤を落とすこと数回でかかりました。こんないいこともあれば釣れないこともある。これからもテンカラ修行は続きます。Osrphsjd

2010年5月 7日 (金)

源流で岩魚釣り

P5060193tei 忙しくも充実したゴールデンウィーク、終わったら何をして遊ぼうかと考えながら働いていました。残雪でのスキーか春の渓流釣りか、どちらも素敵ですが、気持ちは釣りにいってしまうこの頃です。やはりサービス業に従事するT田さんに連絡すると、6日が休みとのこと、一緒に行くことにしました。

彼はテンカラ2年目。今回はエサ釣りの竿とテンカラ竿を持参。私はテンカラ竿を2本。T田さんの川虫を着けた針、一投目にいきなり岩魚がかかります。その後も、私が毛鉤を流して諦めたポイントにエサを落として釣り上げることが続けて2回。テンカラのシーズンは藤の花が咲く頃から、と本にありましたが、私の腕が悪いのも相まって釣れません。仕方なく私も川虫を捕まえて針に着け、ようやく1尾仕留めました。

その後水量が減ってきたので再び毛鉤釣りに。どうにか毛鉤で4尾釣り、毛鉤なりにポイントを攻めれば釣れることを確認しました。T田さんは全てエサで9尾ほど。この日富山では32度3分まで上がり蒸し暑かったとのこと、我々は水の傍で気持ちよく一日を過ごせました。P5060195tei

2010年5月 5日 (水)

一期一会

Uojop0001 5連休の始まる前、4月30日まではストーブを点けても寒い毎日でした。それが5月1日から毎日晴れ!アルペンルートも称名滝も五箇山も黒部のトロッコもチューリップフェアもホタルイカ観光船も金沢も、どこも楽しめたのではないでしょうか。「わがや」を旅の途中の宿に選んで下さった方々、心より御礼申し上げます。「料理が美味しかった」「親切なアドバイスをしてもらえた」と言って出発されるのを見送るのは気持ちのいいものです。大いに励みになります。

東京、茨城、千葉、埼玉、神奈川、群馬、長野、静岡、富山、滋賀、京都、大阪、兵庫、福岡、そして遠くは韓国からの皆様、ありがとうございました。

2010年5月 3日 (月)

今朝の立山駅

100503_065901 お蔭様で忙しくも充実したGWを過ごしております。天候もよく、「わがや」に来られたお客様も楽しい旅をされた、或いは旅の途中なのではないでしょうか。心より御礼申し上げます。

毎日数回、送迎で立山駅に行っております。今朝7時現在、行列は伸び、チケットを買うまで1時間半、発券するのが2時間半後のチケット。つまり4時間待ちの状態でした。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »