ロッジわがや

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 白山の麓で渓流釣り | トップページ | 餌釣りVS毛鉤釣り »

2010年5月23日 (日)

毛鉤作り

Hougtudre000122日(土)は、一人で富山県西部の谷に出かけました。当初予定していた沢までの道は通行止め、歩くと相当かかりそう。手前の谷に入りました。午後から用事やらロッジのお客さんやらがあるので、10時半には終了。釣果は、まずまずでしたが、小型が多かったです。 さて、山登りなら「どこそこの山に行ってきました」とか書けるのですが、釣りとか山菜とかきのこだと、特定出来る場所を書くのはマナー違反、ルール違反かと。何だかんだと毎日のように沢なり山を歩いています。

今日は雨。昨晩泊まられたお客様、めげずに楽しい旅を続けられていることと思います。私は毛鉤を5本ほど作りました。一個作るのに5分ほどですが、集中出来るいい時間の過ごし方です。そんな毛鉤つくり、ようやく自分なりのスタイルが出来つつあります。

まず自己融着テープを胴に巻き、その上からクジャクの羽根を巻き、ブラウンのハックルを逆さまたは順に巻く、そんな感じでしばらくはやってみようと思います。

« 白山の麓で渓流釣り | トップページ | 餌釣りVS毛鉤釣り »

渓流釣り」カテゴリの記事

コメント

自己融着テープなんてものが有るのですね。
僕はスレッドをくるくるりん。でおしまい。
テンカラも準備して行こう行こうと思ってますけどいざとなると重い尻があがらないpig
今年は上ノ廊下で釣りたいと思っとります。
暇があえばご一緒しましょうよ。

自己融着テープは、ホームセンターの電気関係コーナーにあります。重さがあるので、早く沈むとか。どんな毛鉤でも釣れる、と人は言いますが、一方で「信じる者は救われる」との考え方もあり、孔雀にしても「岩魚にアピールするだろう」と信じるからです。
上の廊下にしろ何処にしろ、日程が合えばぜひ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白山の麓で渓流釣り | トップページ | 餌釣りVS毛鉤釣り »