ロッジわがや

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の10件の記事

2010年6月24日 (木)

3人でテンカラ

Whpnmx0002 今週初めての釣り。いや正しく言うと、月・火と10分ずつ竿を振ったのだった。天気も悪いし川は笹濁りだけど、振らないと寂しいので車を降りて30秒の所でサンダル履きで。釣れる気がしなかったし、実際坊主(一匹も釣れないこと)だった。

今日はいつも一緒に行くTさんと、その師匠のSさんと3人で。梅雨の中休み。先行者がいたのだろう、何しろ我々は10時半入渓だ。アタリは少なかった。それでもこんなのが、下の画像のポイントで釣れた。3人で5匹のみ。でも気持ちよく遊べた。Whpnmx0004 明日から薬師岳方面に行ってきます。途中一度降りますが、10日間の山暮らしです。

にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村

Whpnmx0007

2010年6月22日 (火)

雷鳥調査

Miswozepxdn0013 20日(日)に立山・室堂に行ってきました。他の仲間は前日からの調査ですが、私はこの日のみの参加。山﨑カールの下、雷鳥を探して歩き回りました。Miswozepxdn0018 左が雄、右が雌。Miswozepxdn0027 雄の雷鳥同士の縄張り争い。Miswozepxdn0030 追いかけっこ。Miswozepxdn0037 見張りをする雄。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2010年6月21日 (月)

森林セラピー基地

Iwvpd 立山山麓一帯が、「森林セラピー基地」として認定され、そのグランドオープンセレモニーが19日(土)に行なわれました。その後、ノルディックウォーキングなどの体験会。私は「セラピーヨガ」を体験しました。外で小鳥のさえずりを聞きながら、の予定が雨で屋内でした。カラダの固さでは他の誰にも負けない自負があります。実際チラ見したところ、自分一人だけ、死後硬直が始まっているんじゃないかと思うくらいでした。Aovwoksblp 私も試験に受かって「森林セラピーガイド」になり、「癒しの宿」としても認定(昨年の11月のことです)。立山山麓に、森林セラピー効果があればと願います。Wgpkhaswa

にほんブログ村 旅行ブログ ペンションへ
にほんブログ村

2010年6月19日 (土)

釣れたり釣れなかったり

Tyiguooo 「わがや」から車で10分圏内に、3つの一級河川があります。どこも内水面漁協の管轄外、つまりほぼ天然魚です。「ほぼ」というのは、年に1回くらい新聞記事で「小学生が豊かな川になることを願ってイワナの稚魚を放流した」などと載っているからですが、それがどの地点かは書いてありません。ちなみに私はこの近辺で釣れたのは(今年から)全てリリースしてます。

という訳で、朝、昼休み、または夕方にちょこっと1時間ほど竿を振りに行くこともしばしばです。真夏日のおとといは夕方4時から30分で7匹(うち20センチ以上が5匹)。岩魚が水面を意識してくれてて、楽しかったです。

昨日は曇り、12時から1時間。ここは取水・放水口の下にあり、雪代の時期でも水量が安定して少なく、3月から毛鉤が振れます。昨日は上で取水をしていて、からっから。写真のような小さいのが3匹でした。様々な条件で釣りを出来るので、色々学べます。昨日は天気もそうだけど、水量が敗因かと。今日は雨。お客様がチェックアウトされてから12時までが自由時間。雨具を着て行ってみようか、いや、やめておこうか。

にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村

2010年6月16日 (水)

前言取り消し

Ebhyangobs 石川在住のW師匠と、釣りに行ってきました。目標は、Wさんの3分の2を釣ること。つまりWさんが30匹なら20匹を釣り上げれば、そこそこレベルアップしたことになろうかと。いつも3分の1しか釣れないので。勝手に私は挑んでますが、Wさんはマイペース。まずそこで差が出ます。テンカラはけっこう精神面で結果が左右されます。

一つのトロ場で、私は2匹釣り上げて満足。するとWさんは同じ場所で、次から次へと8匹釣り上げました。「普通、イワナも警戒するんだけどなぁ」と言ってましたが、これは不思議だったし、ここぞというポイントを的確に押さえる大切さを痛感しました。(そして悔しかった)

10時間ほど釣り、私は43匹(うち6匹持ち帰り)。Wさんは「途中で数えるのやめた」とのことですが100匹は越えていたでしょう。ちなみにWさんは川魚を食べないので、全てリリース。結局差は埋まらず、「おれもまだまだ」ということです。前の記事で「開眼?」と書いたのを撤回します。Qnevonb この差はどこで出るか。色んなポイントを探る丹念さと、それを支えるキャスティングの正確さではないでしょうか。実は前回の釣行で、私の5分の1しか釣れなかったTさんに、全く同じことをアドバイスしているんですよね~。勿論テンカラは奥深いものであり、それはポイントやキャスティングの更に上のステージにあるのでしょう。

さて、Wさんが「You tubeに投稿するから」と何度もデジカメを向けてくれました。すると釣れないんです。で、諦めた頃に「ほらほら見て見て、釣れたよ~」と少年のように後ろを振り向くと、既に撮影を終了している、そんな繰り返しでした。おそらく岩魚がデジカメを察知してしまったんでしょう。唯一取り込んだ動画がこれです。

にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村

2010年6月11日 (金)

ようやく開眼?

P6080230tei ペンション業は、いわば夢を売る商売だ。このブログの記事を読んだ方に「遊んでばっかりで羨ましい生活してんなぁ~」と思わせることは戦略であり、ひいては「じゃ、泊まってみるか」との売り上げアップにきっと繋がるはずだ。

という信念のもと(笑)、8日(火)はまたもや白山の麓に行ってきた。当日は朝2時半にTさんと富山西ICに集合、5時丁度に入渓した。P6080229tei 天候は曇り、肌寒い。1匹目が出たのは30分ほど竿を振ってから。この日はイワナが浮いた毛鉤に反応することは全くなく、沈めて釣るのが有効であった。大きい淵などでは駄目で、ちゃら瀬や小さな落ち込みでのアタリが多かった。

しかしTさんにアタリはなかなか来ない。彼はテンカラ2年目だが、5月下旬までは「エサのほうが釣れるから」と毛鉤を振り込んでいなかった。一方私は3月の解禁から毛鉤一筋。

私は、8匹釣った所でばったり来なくなりしばらく我慢が続いたが、結局は26匹釣り上げて8匹をキープ、18匹をリリースした。Tさんは後半に釣れだして5匹だった。また、道中にウドが沢山あったので、ザックに入りきる程度に摘んでいった。P6080236tei 写真は堰堤下で釣った32センチ、リリースした。今シーズン3匹目の尺もの。キープするイワナは、23センチから25センチとすることにした。大きすぎると焼くのが大変だし大味だからだ。

さて、今回は私にとっては大漁だった。これは上手になったからか、というと決してそんなことはないだろう。でも、数をこなしていく中で、ちょっと分かりかけてきたかも。・・・となるとそれを確認したくなる、ので、また川に入ろうと思っている。

にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村

2010年6月10日 (木)

唐堀山1159m

P6070222tei7日(月)に行ってきました。前夜にSさんと何処に行こうか相談。山菜を採りながら山頂を目指そうと、当初は新潟だかにある跡杉山にしようと。そこはSさんが数年前に行っていい思いをしたそう。しかし朝集合してみるとお互い地図もなく山の場所もうろ覚え。では、とスス竹で有名な唐堀山に行くことに。県内の山間部の2.5万分の1地形図はいつも車に積んでいるので、こういう時は便利。

登山口はどこだ、と言いながら車を走らせていると、登山準備をしている二人連れがいました。「これから唐堀山ですか」と聞き顔をみると、前に一緒に細蔵山や大品山に行ったKさんご夫婦でした。ならば、と一緒に行くことに。登山口は分かりづらい。加賀澤トンネルの手前に車を停めてトンネルを500mほど歩き、非常口の扉を開けて下におり、踏切を越えた所。下調べしてない私たちは、Kさんに会わなければ辿り着けなかったでしょう。P6070218tei頂上までは、時々ワラビを摘みながら。そして頂上にて、各自笹薮に入っていきます。Kさんご夫婦は1週間前にも来て、まだ早かったとか。この日はまずまず採れました。P6070219tei コンビニで買ったお昼を車に置き忘れた私は、3人から食料を分けてもらって皆でヘリポートで食事。スス竹で重くなったザックをを担いで下山しました。スス竹を採るだけなら、もっと歩きの少ない所はいっぱいあります。でも、ここは標高差800mを登っていくからいい、そんな山でした。

8:20登山口 12:00頃昼食 14:20下山

2010年6月 9日 (水)

石徹白に遠征

Spbnkpzx0003 6月5日(土)に行ってきました。石徹白(いとしろ)は岐阜県の白山の麓にあります。福光道の駅に夜中2時に集合、金沢のWさんと高速に乗って向かいます。漁券が必要なので、前もって商店に連絡して郵便受けに漁券を入れておいてもらい、こちらは一人千円を入れました。イベントの始まる前にまずは釣ろうと、5時ちょっと前から本流に入渓。ここはアマゴ、ヤマメ、イワナの混棲とのことですが、釣れたのはイワナばかり5尾。まずまずです。Spbnkpzx00057時過ぎに川から上がり、イベント会場に向かいました。受付を済ませて出店ブースを覗き、午前のシンポジウムには出ず、今度はキャッチ&リリース区間へ。そこは10年ほど前から放流を行なわず、天然魚の魚影を濃くして楽しんでもらおうという区間です。人はひっきりなしに入っていて、それでも何とかイワナ2尾を釣りました。Wさんはアマゴを釣ったのでその姿を拝ませてもらいましたが、きれいですね。 Spbnkpzx0006そして午後からは、お待ちかねのレッスン。テンカラ班は、かの石垣尚男さんと榊原正巳さんが講師です。まずはデモンストレーションと基礎的なテクニックを教えてもらい、次は竿を振る一人ずつにアドバイスをする、という形式。私も、ラインやハリスがもう少し長いほうがいいのではないか、など、幾つか指摘を受けました。今回はこのアドバイスを受けるほんの僅かの時間のために遠征しましたが、いい勉強になりました。

2010年6月 4日 (金)

山王まつり

Rhops0018 6月1日(火)に行ってきました。ウィキペディアで調べてみると、全国で4箇所、同じ名前の祭りがあるようですね。私が行ったのは、もちろん富山の山王さん。Rhops0022 中3の長男が地域の獅子舞に加わっているのですが、どういう経緯かこの大勢の前で舞うことになりました。新しい大和デパート前のホコテンで一生懸命やってました。Rhops0033_215年ぶりに出かけた山王さん、屋台がいっぱい。はしまき(箸に巻いたお好み焼き)とドテ焼きと串かつを食べ、中1娘にいくつかのお土産を買って人ごみを後にしました。いい祭りや!Rhops0039

2010年6月 1日 (火)

春の恵みツアー

Img_3695tei 今年も昨年同様、愛知からのお客様10名をお迎えして、山菜採りツアーを行ないました。30日(日)の昼に木戸さんご一行到着後、私を案内役に出発。昨年は粟巣野のゲレンデを登りながら摘んでいく、というものでしたが、今年は車でポイントを巡ることに。すす竹、わらび、こしあぶら、タラの芽、ふき、よし菜(水菜)、三つ葉などを効率良く採りました。

そして料理、頑張りました。写真を撮らなかったのが残念。メニューを書きますと、・白エビの素揚げ・ホタルイカの酢味噌和え・山菜の天ぷら(こしあぶら、ウドの先っちょ、よもぎ、よし菜の葉っぱ、タラの芽)・焼きすす竹・わらびの昆布ジメとカジキマグロの昆布ジメ・よし菜のおひたし・ウドとサバ缶の煮物・ふきの甘酢和え・すす竹と三つ葉の卵とじ・イカの黒作り・ウドの味噌漬け・ふきのとう味噌・コゴミのごま和え・わらびの味噌汁。回し飲みで、岩魚の骨酒。皆様、美味しいと言ってくださり、頑張った甲斐がありました。 Img_3701tei翌31日は、まず百間のナメに散策。チョビも連れていきました。その後、来拝山899mに案内しました。景色はありませんでしたが、いい山を案内出来ました。

皆様、ありがとうございました。Img_3702tei 

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »