ロッジわがや

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« ようやく開眼? | トップページ | 釣れたり釣れなかったり »

2010年6月16日 (水)

前言取り消し

Ebhyangobs 石川在住のW師匠と、釣りに行ってきました。目標は、Wさんの3分の2を釣ること。つまりWさんが30匹なら20匹を釣り上げれば、そこそこレベルアップしたことになろうかと。いつも3分の1しか釣れないので。勝手に私は挑んでますが、Wさんはマイペース。まずそこで差が出ます。テンカラはけっこう精神面で結果が左右されます。

一つのトロ場で、私は2匹釣り上げて満足。するとWさんは同じ場所で、次から次へと8匹釣り上げました。「普通、イワナも警戒するんだけどなぁ」と言ってましたが、これは不思議だったし、ここぞというポイントを的確に押さえる大切さを痛感しました。(そして悔しかった)

10時間ほど釣り、私は43匹(うち6匹持ち帰り)。Wさんは「途中で数えるのやめた」とのことですが100匹は越えていたでしょう。ちなみにWさんは川魚を食べないので、全てリリース。結局差は埋まらず、「おれもまだまだ」ということです。前の記事で「開眼?」と書いたのを撤回します。Qnevonb この差はどこで出るか。色んなポイントを探る丹念さと、それを支えるキャスティングの正確さではないでしょうか。実は前回の釣行で、私の5分の1しか釣れなかったTさんに、全く同じことをアドバイスしているんですよね~。勿論テンカラは奥深いものであり、それはポイントやキャスティングの更に上のステージにあるのでしょう。

さて、Wさんが「You tubeに投稿するから」と何度もデジカメを向けてくれました。すると釣れないんです。で、諦めた頃に「ほらほら見て見て、釣れたよ~」と少年のように後ろを振り向くと、既に撮影を終了している、そんな繰り返しでした。おそらく岩魚がデジカメを察知してしまったんでしょう。唯一取り込んだ動画がこれです。

にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村

« ようやく開眼? | トップページ | 釣れたり釣れなかったり »

渓流釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやく開眼? | トップページ | 釣れたり釣れなかったり »