ロッジわがや

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の10件の記事

2010年9月30日 (木)

釣り納め間近

P9290503 29日(水)は、Wさんと釣りに行ってきました。Wさんは有給休暇を取っての釣行。この近辺では、というか全国の殆どの川では9月30日で渓流釣りは禁漁となります。最後まで楽しみたいですよね。今シーズン、私の師匠であるWさんとはほんと、よく一緒に行きました。シーズン初めはトリプルスコアが当たり前でした。例えば私が10匹ならWさんは30匹。少しでもその差を縮めたい、そう思い努力してきました。

さて、この日は私が21匹でWさんが41匹。ダブルスコア、ということで、少しは成長したのかもしれません。私はわりと「数」にこだわっています。つまらんことに、と思われるかもしれませんが、釣り上げる数に比例して上手くなると確信して、目標を立てて釣っているからです。

今日は最終日の30日。これから雨の予報ですが、夕方からどこか林道沿いの川に出かけるつもり。そして暗くなって見えなくなるまで竿を振って、今シーズンを終えるつもりです。

にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村

2010年9月29日 (水)

渓相は抜群だけど・・・

P9270488 27日(月)は、T田さんと新規開拓をしてきました。以前から行ってみたいと思っていた所。入渓してみると、渓相はなかなか。いかにもイワナが居そうです。しかし、なかなかお互いにアタリがありません。

途中、泳ぎでなければ越えられない淵があり、ここは高巻きました。そして懸垂下降を2本。ハーネス・ロープ・ヘルメット持参でよかった~。P9270496結局、私が10匹、T田さんが3匹の釣果。そんなに人が入ってる気配は感じなかったのに、どうしてでしょう。今夏の暑さと渇水のせい?釣り切られてしまった?それとも腕が悪いから?答えは風の中、です。

ところで、28日(火)から4日間、仙人池にガイドで行く予定だったのがキャンセルに。仕方なく、9月一杯の渓流釣りシーズンを満喫しようと思います。

2010年9月28日 (火)

火打山2461m・妙高山2445m

Tufyghk0005_2秋晴れの9月25日(土)26日(日)とガイドで行ってきました。ここはこの3年、毎年行っている好きな山域です。おととしは各地で「10年に一度の見事な紅葉」と言われていた年で、それは見事でした。今年は時期が少し早くて染まるのはこれからでしょうが、素晴らしい景色を堪能出来ました。写真は、天狗の庭から見た火打山。Tufyghk0011_2火打からの下りから見た天狗の庭と妙高山。この辺りをスキーで滑ると、気持ちいいですよね~。初日は火打をピストンして、高谷池ヒュッテに泊まりました。ここは昨年夏に2泊しました。山小屋でお客さんと一緒に飲むのが楽しみなんです。この晩も楽しく8時ごろまで飲みました。Xsdujki0005翌日は妙高山へ。残念ながら周りの山々は見えず。Xsdujki0006そして燕温泉へと下っていきます。Xsdujki0011_3途中、鎖場が一箇所。そして麻平経由の辛いルートを辿って、温泉に下山しました。今回もいい山でした。ありがとうございました。   

2010年9月22日 (水)

立山山麓のイベント案内

Qfiwcsw0003明日は、「立山山麓そば祭り」が行なわれます。昨年、わんこそば大食い大会に出ました。明日も出よっかな~?

また、「ONE EARTH」というイベントも23日(木)から26日(日)まで、ここから徒歩7分の家族旅行村で行なわれます。

秋の行楽シーズン、いかがですか?私は23・24日は宿の仕事、25・26日はガイドの仕事です。

2010年9月20日 (月)

冨士先生との2日間

P9170446 色々な縁が重なって、京都北山テンカラ会の冨士弘道会長が「わがや」に来られました。今シーズンをテンカラ釣りに一生懸命励んだご褒美にしては凄すぎる、本当に嬉しいことです。この素晴らしい機会に、声をかけた釣り仲間は、仕事のシフトを替えたりして駆けつけてくれました。

まず17日(金)の日中は、近くの中級河川へ。テンカラ2年目のTさん、アドバイスを受けて、キャスティングも一気に上達しました。P9170435 冨士先生のキャスティング。無駄な力などなくポイントに落とせる一連の動きを見て、感心するばかりです。

この後一度宿に戻り、夕方にも違う川で竿を振りました。Cimg2071 夕食のあと、毛鉤巻き教室。ここでも丁寧に教えていただきました。逆さ毛鉤など、簡単そうに巻いておられるので、それならと自分もやってみるのですが、不恰好なものしか出来ません。数をこなさなくては、です。

毛鉤を巻き終わった後も、釣りの話は延々12時まで続きました。こんなに釣りについて語り合ったのは初めてです。楽しい夜でした。Tufkgdfg0005 翌18日(土)の朝にも違う川へ。「わがや」から車で15分以内に3つの大きな川があり、天然魚を釣ることが出来ます(車を降りてすぐで便利ですが、その分魚影は薄いです)。

そして昼頃、テンカラ会の文野さんと先生が帰って行かれました。夢のような2日間でした。ありがとうございました。残り少ない渓流釣りシーズン、そして来シーズン以降もがんばります。

2010年9月16日 (木)

いつの間にか秋・・・

Bolkgufy0001 つい最近まで暑い暑いと言ってたのが懐かしいくらいです。思えば稲刈りをしていた11日まで暑かった。その翌日から雨。その後の天気予報は下方修正の繰り返しで、しとしと雨の毎日でした。毎日3回以上シャワーをしてその度に服を着替えて、水分を何リットルも飲んでいたのが遠い昔に感じます。自分は心配性なので、このままずっと真夏日が続くんじゃないかと恐れてましたが、日々涼しくなってきております。

明日・明後日はテンカラ釣りをする予定。川の水量、どうでしょうか。Xzsedruftk0001

2010年9月11日 (土)

稲刈り終了

100910_123102 昨日・今日と青空の下、コシヒカリの刈り取りをしました。「わがや」のお米は美味しい、と良く褒められますが、色んな要素が絡まってでしょう。元々評判の高い新湊のコシヒカリ、それを粟巣野の美味しい水で、ガス炊飯器で一気に炊く。ご飯だけ食べてもお替り出来る、自慢のコシヒカリを「わがや」は使っております。

写真の下半分は、おかみの指です~。

2010年9月 7日 (火)

近隣のテンカラ好きの方へ

P7240267 色んな縁が重なって、「京都北山テンカラ会」の冨士弘道会長が「わがや」に泊まりに来られることになりました。テンカラに取り組んでいる方は、冨士式とかの言葉を聞かれた、或いは著書やビデオをご覧になったことがあるのではないでしょうか。

その冨士先生が来られ、善意で色んなことを教えてくださり、テンカラ談義を交わせる。こんな素晴らしい機会を持てること、嬉しく思います。当ロッジでは、当日の料金を安くしますので、少しでも多くの方に来てもらえれば、と思っております。途中からの参加も可能。気軽にお問い合わせください。

●9月17日(金)●1泊2食5000円●17日の朝と夕方、18日の朝に、近くの川にて釣り&アドバイス。夜は毛鉤の巻き方等。 それでは、お待ちしております!電話番号、メールアドレスはこちら

にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村

2010年9月 6日 (月)

久々の尺岩魚

P9020420先週の後半は、まずTさんとアプローチ50分の谷へ。5時間遡行したものの不満足で、釣り下りながら戻りましたが、やはり下りではあまり釣れません、2尾だけでした。トータル17尾釣り、うち1尾キープ。P9040426_2 その後日、Wさんと。今度は、アプローチ2時間、しかも険しい道。ホンマ、ようやりますわ。ここでも遡行5時間で17尾(うち4尾キープ)。山奥まで入った割には不本意でしたが、昨年までの私なら、5尾も釣れなかったかも。進歩はしてると思います。

そして今シーズン4尾目の尺(30センチ)オーバーの岩魚を釣り上げました。いやぁ、重かったですね。前の3尾は堰堤下でしたが、今回は釜の中。リリースしました。P9040424 

にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村

2010年9月 3日 (金)

巻機山(まきはたやま)米子沢(こめこさわ)遡行

Goewjwbb0002 9月1日(水)に行ってきました。同行はAさんとHさん。前夜8時に滑川ICを出て塩沢SAにてささやかな宴会と仮眠。朝に六日町の清水集落へ。6時に出発、ゴーロ帯をしばらく歩いて入渓しました。美渓として名高い米子沢、次々にきれいな滝が出てきます。Goewjwbb0005_2ここは1989年の9月30日以来2回目。しかし、前回の記憶が全くありません。歩いているうちに思い出すだろうと思っていましたが、やはり最後まで記憶は蘇らず。でも、写真があったから、やはり行っていたのですね。Goewjwbb0007_2人気の沢だけあって、突破不可能な滝には明瞭な巻き道が付いています。3人で力を合わせて進んで行きます。休憩たっぷり、楽しみながら歩きました。Goewjwbb0009webで予習したところ、「思った以上に厳しい沢だった」との記述を幾つか見かけました。実際我々もそう感じました。ロープは2回、お助け紐は数回出し、懸垂下降は1回しました。Goewjwbb0011_2 上部は見事な大ナメ帯。滑りやすいので、「ここは滑ったらやばい」という所は慎重にいきます。最後、避難小屋に出る道を通り過ぎて源流を詰める失敗もありましたが、総じてHappyな一日でした。あ~、楽しかった。今回の沢ははっきり記憶に留めておくことにします。HPに写真を載せました。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »