ロッジわがや

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 朝日岳雷鳥調査 | トップページ | ボランティア日和 »

2011年7月 8日 (金)

栂海新道を行く

Sdsc01908 朝日岳周辺の雷鳥調査を終えて、7月5日から星野と私は栂海新道を日本海を目指した。3日前は、照葉の池のこの木道は、雪べったりだった。雨でかなり雪解けが進んだ。Sdsc01909tri サンショウウオを見つけた。Sdsc01920途中、雷鳥の調査をしながら進む。アヤメ平付近。気持ちのいい所だ。

Sdsc01928 水芭蕉の群生が、至る所で見られた。こんなに多い所は初めてだ。黒岩平から先は、アップダウンが続く苦しい歩きとなり、犬ヶ岳に建つ栂海山荘に辿り着いた。Sdsc01947 出版社「地球丸」の雑誌「トランピン」の取材陣と同宿となった。色々話をして、楽しい夕食となった。Sdsc019606日朝、晴れ。夜は星がきれいだった。朝焼けの写真を撮る三宅岳カメラマンSdsc01965 居心地のいい避難小屋だった。朝日小屋で、この道を切り開いた小野健さんやさわがに山岳会の苦労や思いを本で読んだだけに、感謝の念を持って小屋に泊めてもらった。Sdsc01969_2朝日岳をバックに。三宅カメラマン撮影。ありがとうございます。Sdsc01975 山荘を5時35分に出発。さらに日本海を目指す。アップダウンが続くが、ブナの原生林が気持ちいい。Sdsc01989 水場は途中何箇所かあるが、登山道の脇に流れているのはここだけ。他は往復10分くらいかかる。Sdsc01999 蒸し暑さに苦労しながらも、ついに親不知に11時55分にゴール。迎えに来てもらった折谷さんと、海まで標高差80mの階段を下りていった。もう少し若かったら、「感動のフィナーレ」として海に飛び込んだだろうに。Sdsc02002歩きごたえのある、なかなかいいコースだった。

« 朝日岳雷鳥調査 | トップページ | ボランティア日和 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝日岳雷鳥調査 | トップページ | ボランティア日和 »