ロッジわがや

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の11件の記事

2011年8月31日 (水)

バーベキュー

Sdsc02506 昨日は、立山山麓旅館組合主催のバーベキューに参加した。東日本大震災や原発事故で福島や宮城などからこちらに移り住んでいる人たちを招待してのイベントだ。色んな人たちと話をした。楽しいバーベキュー、昼から飲み過ぎた!
ビンゴ大会も盛り上がった。Sdsc02510

2011年8月30日 (火)

赤木沢遡行

Sdsc02447 8月27日から3日間、赤木沢のガイドに行ってきた。北日本新聞旅行会のお客様6名と、サブガイドの本多君と私の8名。28日朝、薬師沢小屋を出発、黒部川本流を遡る。S2011_08290365_large岩魚留めの滝は、今回も高巻かずに、水線際を突破した。ガイド仲間の豊田氏は、右側を高巻いていた。Sdsc02449 沢登りならではの緊張感。S2011_08290369_largeこの写真は対岸から撮った貰い物。際どいへつりは、当然ロープを出した。6人中5人が楽しんでおられた(笑)。Sdsc02454 いつ来てもきれいな赤木沢出合。

続きを読む "赤木沢遡行" »

2011年8月26日 (金)

雨の立山

Sdsc0241924日(水)の夕方、室堂に入山。この日は、平野部もそうだが、山も久しぶりの青空。待ちに待ったヘリでの山小屋への荷上げも各地で行われたようだ。夜は星空も見えた。Sdsc02436しかし25日は雨。新潟の小学6年生106人を取りあえず一ノ越まで連れていった。しかし、ここから体力の違う子供たちを全員雄山に上げるのは無理だろう、という風雨だった。
ここで先生は素晴らしい判断をしてくれた。希望者だけが雄山に向かうというもの。モチベーションの高い40人が、無事雄山に登頂。みんなが同じ行動ではない判断は、こちらからは言い出しにくいが、なかなかいいと思った。Sdsc02439それにしても、一ノ越までの子供も雄山に登った子供も頑張った! 

2011年8月23日 (火)

笠ヶ岳2898m

Sdsc023808月21日(日)から23日(火)まで、ガイドの仕事で行ってきた。東京方面のお客様8名、添乗員1名と、新穂高温泉を雨の中、12時に出発。初日は鏡平山荘に泊まった。2日目は弱い雨。稜線に出て、2500m地帯を歩く。Sdsc02393抜戸岩を抜けてしばらく歩き、笠ヶ岳山荘に着いた。ここは私が20代の時、1シーズン小屋番として働いた所だ。それから23年、幾たびか訪れているが、槍穂の眺望が素晴らしい、居心地のいい山小屋だ。Sdsc02402しかし今回は3日間を通して、展望を得ることは出来なかった。そして今日23日は土砂降りの中を下山。杓子平は何本も川を渡渉した。
そんな雨、雨、雨の3日間だったが、お客様と和気あいあいと歩くことが出来た。ありがとうございました。Sdsc02409

2011年8月20日 (土)

奥黒部へ

Sdsc02311 17日は釣りを午前中に終え、折立に向かった。薬師岳方面の遭対協パトロールに入るためだ。この日は太郎平小屋まで登り、業務を少しした。
18日は朝のミーティングの後、薬師沢小屋まで。写真は太郎平小屋のお弁当。美味しいお寿司だった。休み時間に竿も出した。Sdsc02321 薬師沢小屋では、厨房の皿洗いの手伝いをした。Sdsc02330 19日、前夜からの雨で黒部川本流は濁流。赤木沢遡行パーティも、諦めて帰っていった。私も上流を目指すつもりだったが、無理だった。Sdsc02341 太郎平への帰途、ちょっと竿を出した。こんな濁り水には派手な毛鉤が有効と考え、化学繊維使用の派手なものを選択。良く釣れた!
そして太郎平に少し滞在して、下山した。下界も涼しくなっていた。Sdsc02343

2011年8月19日 (金)

久しぶりに渓流へ

Sdsc0230317日、久しぶりに渓流釣りに行ってきた。同行はナベ師匠と、避暑がてら付き合ってくれたカメラ担当のしまさん。Sdsc02308tri私はどうにか粘って23尾釣ったのだが、師匠はその倍くらいではなかろうか。ちなみに全てリリース。それよりも、今回しまさんが岩魚を釣り上げた時の動画を撮ってくれた。YouTubeにアップしたので、どうかご覧ください。。 http://www.youtube.com/watch?v=S3NAnv6msbY

2011年8月16日 (火)

お盆休みも終わり

Sdsc02267 お盆休みは今日までだろうか。お陰様で、「わがや」は例年通り忙しくさせていただいた。これから剱岳に登るというご夫婦と深夜まで飲んだり、サッカー少年のお母さんたちと語らったり、そんな触れ合いが楽しかった。
昨日は夕立があったが、その後の虹、綺麗だった。夕食の準備で慌ただしくなかったら、もっと引いた場所から全体を撮れたのだが。あわすのスキー場限定の、見事なアーチだった。Sdsc02276 福井からのサッカー少年たち、元気で礼儀正しく、いっぱい卓球やビリヤードで遊んでいった。残り少ない小学校生活、怪我無く健やかに過ごしてほしいものだ。

2011年8月12日 (金)

またまた連荘の立山

Sdsc02234_29日夜は、鍬崎山に登ってきて「わがや」に泊まり、翌日から大日岳方面に向かうというお客様。10日は、愛知県からのツアーのガイドで、立山縦走。夜は、翌日から剱岳北方稜線に向かうというお客様。11日は、愛知からの小2から中2までの子供たち20人のガイド(これは強風のため一ノ越でリタイア)。今晩はアルペンルート観光のお客様、明日の晩は剱沢に向かうお客様、というふうに、例年と同じく忙しくさせていただいている。Sdsc02236 10日は、地元新湊高校が甲子園でまず一勝!室堂で見せてもらったが、見事な監督采配とそれに応える攻撃だった。ちなみに、長男の同級生のお父さんが監督だったり、かかりつけの歯医者さんのご子息がレフトだったりする。Sdsc02242さて、愛知の子供たちは、立山町の谷口公民館に11泊12日で合宿していて、昨日が最後の夜だった。昨年も彼らをガイドしたのだが、今年は頂上に行けなくて残念。私も公民館に招かれて、最後の夜を一緒に楽しく過ごした。何よりも、子供たちを受け入れている地域の人たちあっての事業。素晴らしいことだと思う。子供たちも、3日ほどの短い合宿では得られない、貴重な体験をしたことだろう。

2011年8月 8日 (月)

渋滞の立山

Sdsc02218 昨日・今日と立山登山のガイドをしてきた。昨日は、なんでこんなに込んでるのかな~と思ったら、日曜日だった。雄山の頂上に着いた頃に遠くで雷が鳴り始めたので、早く下山すべく、お客さんには峰本社参拝を諦めてもらった。Sdsc02223 12時40分、、下山開始。四ノ越は狭いので登り下りが交錯するが、この日はご覧のように大渋滞。待つのは構わないが、これに雷や豪雨が重なると恐怖との戦いだろう。また、横道を行く人が起こす落石も怖い。
今日宮司さんから聞いた話では、昨日は14時から峰本社参拝を雷のため中止にしたとのこと。Sdsc02225今日は、団体は小学校が一つと私がガイドした岐阜県の進学塾が一つ。混雑は大したことがなかった。
たかが雄山とはいえ、事故は起こる。実は昨日も目撃した。常に安全登山を心がけたい。

2011年8月 5日 (金)

東京旅行

Sdsc021742日・3日と、中2の長女と東京に行ってきた。純粋な旅行だ。今は夜行バスが各社から出ている。今回利用したのは、新宿に7時頃到着し、朝9時半までラウンジで休める、というVIPライナーという会社。これまでは5時半ごろ都心に到着して、それから街が動き始めるまで、ヒマの一言だったのだが、これは助かった。東京を離れる時も、21時50分発と早く、20時からラウンジで休むことが出来た。Sdsc02178新宿にある東京都庁を見学した。その後、原宿見学。私は山道具屋で買うものないけど時間潰し。夜は娘をホテルに送り届け、昔山小屋で一緒に働いていた友達と、京橋で飲んだ。Sdsc022003日は上野にある国立西洋美術館へ。写真撮影OKだった。その後、アキバへ。私はマクドナルドで読書をしていた。そして東京タワーに昇り、新宿に着いた。
4日朝、富山の空と田んぼを見て、二人して「落ち着くわ~」と言ったものだ。それでも、滅多にないであろう娘との旅行は楽しかった。

2011年8月 1日 (月)

立山縦走

Sdsc02156昨日の夕方室堂に入り、今朝から立山を縦走してきた。お客様は、熊本からのご夫婦。朗らかなお二人を、楽しく案内させていただいた。
朝6時、室堂ターミナル出発。雄山へ行く途中、剱岳も一瞬見ることが出来た。内蔵助カール、気持ちのいい所だ。6月にはこのカールの底を雷鳥調査で歩いた。Sdsc02160別山で雷鳥をみかけた。この後、順調に雷鳥沢に下り、室堂に到着した。
ありがとうございました。Sdsc02165

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »