ロッジわがや

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の10件の記事

2012年4月28日 (土)

GW始まる

Sdsc_0142_2今日からGWが始まりました。おかげさまで、ロッジわがやは、忙しくさせていただいております。 今日アルペンルートに行ってこられたお客様は、「快晴だった」と喜んでおられました。
あわすのも、ご覧のようにすっかり雪が解けました。下は、9日前の写真。雪は解け始めると、あっという間ですね。
Simg_1286_2   

2012年4月25日 (水)

GWの宿泊予約状況

Simg_12944月25日現在の、「ロッジわがや」の宿泊予約状況です。
4月28日(土) 残り僅か
4月29日(日) 残り僅か
4月30日(月) 余裕あり
5月1日(火) 余裕あり
5月2日(水) 余裕あり
5月3日(木) 満室
5月4日(金) 満室
5月5日(土) 残り僅か
5月6日(日) 余裕あり
となっております。当宿は、立山駅まで車で5分。オーナーは登山ガイドをしていて、年に20回ほど室堂方面に行っています。観光や山のアドバイスも的確に出来ます。また、お客様との触れ合いを大切に、「一緒に飲もう」と言われたら喜んでお付き合いします。
どうかお気軽にお問い合わせください。ご予約、お待ちしております。Simg_1293 

2012年4月22日 (日)

雄山から大汝山を経て大走りを下山

Simg_1292快晴の4月21日(土)、一人で立山に行ってきた。高原バスの最後部座席から撮った、雪の大谷。今年は17mとか。Simg_1297室堂から一の越に向かって歩きはじめる。大勢の登山者、スキーヤー、ボーダー。Simg_1303一の越山荘のオーナー・光昭さんと色々話す。雪は例年並みとのこと。そこからアイゼンを効かせて雄山頂上へ。地面も出始めている。Simg_1306雄山頂上の社務所。Simg_13143003mの頂上から、懸垂下降で裏っ側に降り立った。Simg_1315夏道沿いにトラバースしている若者は、「カチカチだ」ときつそうだった。GWまであと僅か。雪は少しは緩むのだろうか。Simg_1327 富山県の最高地点・大汝山3015mを経て、真砂岳に向かう途中、後ろを振り返る。冨士の折立からの下りは、カチカチできつかった。でも、ピッケル・アイゼンが全く入らないわけではなかった。Simg_1321別山越しに望む剱岳。Simg_1324メスの雷鳥。Simg_1332真砂岳頂上にて。当初は、さらに別山、剱御前小舎を経て下山の予定であったが、ここから下山することに。Simg_1333 真砂頂上で、若者ボーダーたちとおっさん。Simg_1341 大走りを下って、ブル道から室堂山荘へ。やはり雪は平年並みとのこと。
ということで、今シーズン初めての立山行きを楽しんできた。やっぱり、一気に2450mまで行ける立山はいいね!
9:00室堂 10:50雄山 15:00室堂
アルバムを公開しました。      

2012年4月20日 (金)

日本一周

Simg_0898一人の若者が、自転車での日本一周に旅立っていった。4月18日、魚津を出発。今日は石川県を走っているようだ。画像では一番右に写っているH君、羨ましく思う。また、そんな若者を羨ましく思う感覚を持った、自分であり続けたい。ブログを見ながら、彼を応援していこう。
Img20091115_22年半前、小林徹さんという方が、「わがや」に泊まられた。60代後半に、マラソンでの日本一周をされた。彼は50歳の時にマラソンを始めたそうだ。私もそのことを思い出し触発されて、51歳になった先日、ハーフマラソンを走った。
その小林さんのブログを久しぶりに覗いてみると・・・、今は東京出発で11日目。自作リヤカーを引きながら、静岡を走っておられるようだ!
この冬にバイトにきてくれたHちゃんも、自転車で日本一周してきたっけ。
夢、冒険心。私も失わないようにしよう。

2012年4月19日 (木)

ゴールデンウィークの宿泊予約状況

Simg_1289あわすのにも、ようやく遅い春がやってきた。ふきのとうも、数日前から出始めた。ゲレンデは、下の写真にあるように、少しずつ地面が出てきた。昨日は一人、鍬崎山にスキーヤー(かずき)が登って行った。今日もボーダーが一人。何処まで行ったのだろうか。Simg_1286さて、GWの予約状況をお伝えします。今のところ、5月3日と4日は、残り僅かです。4名様以上のお客様のみ、受け付けています。5日も僅かですが、2名様から受け付け中。
GW前半の28日・29日は、まだ余裕があります。
当宿は、立山駅まで車で5分。オーナーは登山ガイドをしていて、年に20回ほど室堂方面に行っています。観光や山のアドバイスも的確に出来ます。また、お客様との触れ合いを大切に、「一緒に飲もう」と言われたら喜んでお付き合いします。
どうかお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。 

2012年4月15日 (日)

ハーフマラソンに出場

Sdsc_0105今日は、全国健勝マラソン加賀温泉郷大会でハーフマラソンを走ってきた。21年ぶりのマラソン大会出場。当初の目標は21.0975キロを2時間。しかし、練習不足。途中棄権したり歩いたりした時の言い訳に充分なるくらいの、練習不足であった。大会が近付くにつれて無理と思うようになり、2時間半に目標を変えた。Sdsc_0106だが当日、スタートラインに立った時、大勢のランナーに励まされて、自分の足も動くのではないかと思えるようになった。そして号砲。意外と走れる自分。「ロッジわがやのかわじりさんですか」と、同じくハーフを走るテレマーカーから声をかけられたことも励みになった。アップダウンの激しいコースであるが、一度も歩くことなく、1時間56分34秒でゴール出来た!50歳以上146人中50位、平均時速10.9キロであった。
気持ち良かった、というよりは苦しかった。でも今は、筋肉痛と共に、達成感に浸っている。
上は、今回のルート。スマホ持参で走った。無料アプリの「山旅ロガー」と「地図ロイド」を利用。クリックして、Playを押してご覧ください。動きを早くするには、×50とか100にしてください。
高度データの左下に、時速も出ていますが、最低8キロ、最高16キロでした。また、海抜0m以下を走ったことになっています。海沿いは走りましたが、そんなことはありません。
「ルートラボ」のデータ転用は、ご自由にどうぞ。

2012年4月11日 (水)

前山のルートデータ

S201204070006今日は、粟巣野は強い風雨だ。先週火曜日並み、風速はどれだけなのだろう。
さて、先週末に一緒に前山に行ったみぽりんから、ルートデータをアップしたとのメールが入った。

まず画像をクリック。「ルートラボ」の画面でPlayを押すと、行動した通りにカーソルが動いて行く。(×100にして動かすといいです)
面白いので、自分がこの前スマホを持ってジョギングした時のデータもアップしてみた。おぉ、使える。もちろんガーミンのGPSからも転送出来るようだ。
彼女はスマホからのデータ転用なのだが、私も同じアプリ(山旅ロガー)を入れた。山でけっこう使えるなぁ。防水のスマホにしなかったことだけが失敗だが、色々と使い倒せそうだ。

2012年4月 8日 (日)

妙高前山1932m

S2012040700027日(土)は、東京時代に属していた「銀座山の会」のメンバーと妙高に行ってきた。当初は、頸城の沢ルートの広大なバーンを滑る予定であったが、思わぬ降雪に、安全策を取って前山を目指した。S201204070003_2赤倉スキー場のゴンドラ代千円を払って、降り場から出発。青空が見える時間帯もあったが、概ね曇り時々雪だった。Sdsc_0073およそ2時間で、標高550mくらいを登り、前山頂上に着いた。今回は、うっすらと跡が残るものの、我々がトレースを刻むことが出来た。これがトレースばっちりだったら、ショボすぎる山登りだったかもしれない。S201204070014さぁ、滑降。最初は雪庇に注意。S201204070011雪質上々。S2012040700484月とは思えない雰囲気。S201204070055疎林帯がずっと続く。S201204070063お手頃かつ、超楽しいコースだ。富山から2時間、妙高周辺は素晴らしい所だ。S201204070069途中、沢を越えてちょっとトラバースして、赤倉スキー場へ。そのままゴンドラ駅まで滑り込んだ。
うららかな午後、食堂でお昼を食べて買い出しをして素泊まりの宿に上がり、4時頃から宴会。昔からの山仲間、今回初めて会った仲間と、10時過ぎまで盛り上がった。これも楽しかった~。翌朝、私は地域の清掃活動のために富山へ。彼らは鍋倉山へと転戦。今日は快晴、気持ちよかったことだろう。ありがとうございました。
9:30ゴンドラ上 11:40/11:50頂上 12:50ゴンドラ下
アルバムを公開しました。

2012年4月 5日 (木)

春はまだ先・・・

Sdsc04287 4月3日の爆弾低気圧はすごかった。スキー場のリフトがまだ付いていたら、一回転していたのではないだろうか。うちの倉庫のトタン屋根は吹き飛んだ。
昨日は20センチの降雪。屋根の応急処置も一苦労だった。そして今日、平野部は雨だが、あわすのはご覧のとおり、雪。天気予報では、明日は平野部にも降るらしい。ということは、ここにはまた積もるということか。
春がこんなに待ち遠しい年は、今までなかったかも。Sdsc04288

2012年4月 2日 (月)

四ツ岳標高2000m位まで

201204010001 3月31日・4月1日と年度を跨いで山スキーに行く計画であったが、31日は悪天候。夕方6時に東さん宅集合とし、鍋を囲んで遅くまで山の話で盛り上がった。明けて1日、当初予定の頸城方面から、乗鞍方面に変更して、平湯キャンプ場から出発した。201204010002杉坂ガイドが弱層を調べた所、雪は安定しているとのこと。降雪が20センチくらいあり、雪質も良さそう。彼が「よだれが出そう」と言ったのを、私は「なだれが出そう」と聞き間違えたが、よだれとなだれは似ているかもしれない。S201204010060森林限界まで頑張るつもりであったが、標高2000m位で打ち止めとした。
さぁ、滑降。今シーズン一番楽しい!とは、金城さん。S201204010066片岡さん、さすが。201204010005ほっしーも上手いなぁ。S549217_274736629276366_100002200_2滑り降りる最後まで、楽しい雪だった。S201204010077私と同じ山岳会出身のちかこさん、その夫の杉坂さんと。皆様、ありがとうございました。
8:20平湯キャンプ場 12:20標高2000m 14:40キャンプ場
アルバムはこちらをご覧ください。http://www.facebook.com/media/set/?set=a.275203872562975.67261.100002200929142&type=1&l=102251d7b7

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »