ロッジわがや

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の14件の記事

2012年9月30日 (日)

渓流釣り・今シーズンの総括

Sdsc04498今日は地域の住民運動会。朝、ネットで「雨雲の動き」を見ると、午後まで持ちそうな予報。8時に運動場にテントを立てに行くと、誰もいない。近くに消防団のおじさんがいて、「あれ、昨日のうちに台風で延期に決定しとるよ」とのこと。連絡入ってなかったんですけど・・・。ということで、釣りにも行かず、家で過ごしている。Sdsc05098_2この3年間の釣果は、
2012年 207尾(岩魚203・ヤマメ3・アブラハヤ1)、リリース175・キープ32、尺上2
2011年 235尾、リリース222・キープ13、尺上(30センチ以上)3
2010年 368尾、リリース309・キープ59、尺上2
だった。釣り上げた数が多ければいいというものでもないだろうが、多く釣ること=実績と考えているのも事実だ。という面からみるとまだまだであるが、楽しいシーズンだったことに変わりはない。
来シーズンは、新規開拓を少し多めに、数よりも日数よりも、ロケーションを楽しみつつ会心の釣行をしたいと思っている。Sdsc05163_2  にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村

2012年9月29日 (土)

最終釣行

Sdsc05143にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村
本日29日、今シーズン最後の渓流釣りに行ってきた。富山県では、条例により3月1日から9月30日までが渓流釣りのシーズンとなっている。同行は、T木さん。京都北山テンカラ会の冨士先生が来富される時には共に学んでいるが、一緒に釣りに行くのは初めて。
川に降り立ち、水平距離で300mほど、懸垂下降を交えて下降。Sdsc05150ゴルジュが狭くなるここから釣り始めた。Sdsc05158 水量少なく、水面は鏡のよう。毛鉤を落としても、こういう所では反応しない。好ポイントは限られていた。Sdsc05152二人とも、苦戦しつつも少しずつ釣れ始めた。Sdsc05164リリースする岩魚を、水中でパチリ。
今シーズンも、怪我なく楽しく渓流釣りシーズンを終えることが出来た。そして新たな出会いがあり、新規開拓も僅かだが出来た。
ただ、昨年と同じ所を釣って、昨年以上の釣果を上げた場所は少なかった。下手になったのか魚が減ったのか条件が悪かったのか・・・。でも、そういう疑問があるからこそ、来年に繋がるのかもしれない。
お付き合いいただいた方々、新しく知り合いになった方々、快く(?)送り出してくれた妻、ありがとうございました。
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村

2012年9月26日 (水)

テンカラ終盤戦

今日は、なべ師匠と6時に入渓。出だしは絶好調。50分で6尾釣れて、このまま釣り上がるとどうなるか、とワクワクしていた。動画は6時37分。しかしそれからが我慢の時間帯。12時に脱渓するまでなかなか毛鉤にかかってくれず、「ツ抜け(二桁以上の釣果)」が精一杯であった。一方、師匠はコンスタントに釣り上げて行く。この差は、なかなか埋まらない。

2012年9月24日 (月)

テンカラ釣り、Hさんの動画

にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村
2012年9月22日、4人で小さな沢へ入った。狭いので、先頭を交代しながら進む。動画を撮りながらだが、録画している時には釣れず、停止したら釣れる、そんな繰り返しだった。だがようやく、うまく撮影と釣り人のリズムが合った。75歳にしてテンカラも渓流釣りも2年目のHさんが釣り上げた。年齢に関係なく新しいことにチャレンジする、その姿勢には感心する。
このポイントでは、まずHさんが釣り上げ。続いて同じポイントで、W師匠が見事抜き上げて、さらにテンカラ3年目のMさんも釣り上げた。師匠とMさんの連続釣り上げ動画は、師匠が別途公開予定。ちなみに私はここでは釣れなかったが、すぐ上のポイントで釣り上げることが出来た。それも近日公開予定。
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村

2012年9月21日 (金)

渓流釣り・新規開拓

Sdsc05067にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村
18日(火)は、新規開拓で初見の沢へ。と言っても、他の人から情報をもらってだが。釣れるかどうか、半信半疑で入渓し、竿を振ってみた。Sdsc05048最初の10分で、まず1尾と幸先がいい。その後も、3連休で人が入ったかもしれないにしては、岩魚がぼちぼち顔を出してくれた。
水流が細くなって、そろそろ納竿かという頃のこと。一度合わせて水面まで上げたもののバラしてしまい、駄目かと思ったポイントにもう一度毛鉤を落とすと、見事に28センチのをタモに抜き上げた。この日最後の1尾が、スパッと決まって気持ちよかった。また、水も岩も緑もきれいで、癒される沢だった。Sdsc05062さて、富山県では禁漁まであと9日間。悔いのないように、来シーズンに繋がる釣りを大いに楽しみたい。いや、今は上手になりたいという気持ちと探究心が勝っているかも。

にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村

2012年9月18日 (火)

ヨットの体験会

Scimg0570_216日(日)は、中3長女のヨット部の、ヨット体験会。宿は満室で忙しかったのだが、昼間の数時間、おかみ(妻)と海まで出かけた。海風が少し強いものの、絶好のコンディション。Scimg0595保護者に限らず、小学生でもお婆ちゃんでもOK。私も、娘の操舵するシーホッパー級SRに乗せてもらった。色々と操舵の仕方や専門用語を説明してくれる、頼もしく思えた!Scimg0625妻も、ヨットに乗り込んだ。Scimg0574良き一日だった。そして宿に戻り、怒涛の仕込み。
無事食事を出して夜は一緒に宴会。元国体ヨット選手のとらちゃんから、ヨット競技での攻め方をレクチャーしてもらった。分かりやすくてためになった!Scimg0660_4    

2012年9月17日 (月)

好天の3連休

Sdsc_0626敬老の日絡みの3連休は、富山は夕立があったものの、真夏のような暑い毎日だった。
「わがや」には、例年通り、パラグライダー大会のスタッフと選手が宿泊。大会が盛り上がったのに比例して、宴会も盛り上がっていた。
他にも、京都北山テンカラ会の皆さんが宿泊された。3日間、県内での渓流釣りを満喫されて、釣果もまずまずだったようだ。
また、立山に行かれるお客さんも宿泊されたが、室堂で絶景を堪能されたことだろう。
休日に天気がいいと、遊ぶほうも働くほうも、ハッピーですね!

2012年9月14日 (金)

稲刈り終了

Sdsc_0617昨日・今日と、新湊の田んぼで、コシヒカリの稲刈りをした。天候に恵まれて、暑さと痒さに参ったものの、無事終了した。
ロッジで出しているコシヒカリは、これをJAに持っていって、他の農家の分もまとめて、そこから保有米として供給されたもの。だから、自分の田んぼのコメ、というわけではない。
さて、そのコシヒカリ、いつもお客様から「おたくのシャリは本当に美味しい!」と言ってもらっている。先日も、この前の冬に検定で泊まったガイド仲間に、雄山頂上で会ったのだが、「わがやさんのお米の美味しさは、今でも忘れられない」と言われた。
多分、水が良くてガス釜で炊くから美味しいのだろう。お替わりはもちろん自由、また食べにきてくださいね。

2012年9月13日 (木)

チビ岩魚

Sdsc05001先日(7日)の午後、とある渓流へ。そこは入渓点から脱渓点までが長く、釣りながらだと9時間くらいかかる。今回は、脱渓点から入り、30分ほど川を下って、そこから釣り上がった。
なるべく岸から離れて歩いたつもりだが、岩魚にバレたせいかどうか全く釣れず。最初の1尾は、こんなチビ岩魚だった。その後も苦戦し、当初は2時間ほど遊ぶつもりが、4時間粘って、たったの5尾だった。
でも、うち1尾は「会心の釣り」だった。すなわち、流れに投げ入れた毛鉤に岩魚がライズ(浮き上がってくること)、反転して毛鉤を引き込んだところを抜き上げて、25センチくらいのをタモにすとんと収める。これが決まった。ライズ、これは何百匹釣っていても興奮する。Sdsc04998 

2012年9月11日 (火)

立山縦走

Sdsc050168日(土)は、運動会見学を終えて立山・室堂へ向かい、泊。9日(日)の朝起きてみると、すっきりと晴れていた。大阪からの5名様と、6時にターミナルを出発。ガスが湧く前に一ノ越に着いたので、富士山も槍穂もばっちり見えた。
その後は晴れたりガスに覆われたり。Sdsc05022この日は立山縦走のコース。剱岳も顔を出してくれた。Sdsc05023剱御前小舎から雷鳥坂を下り、最後は少し雨に打たれて室堂着。終始賑やかで仲のよい皆様と、青空あり大パノラマありガスありの、色々満喫出来る山歩きを楽しめた。来年もまたお会いしましょう。ありがとうございました。   

2012年9月10日 (月)

運動会

Sdsc05010_3  8日(土)は、中3長女の運動会。朝の短い時間だったが、見学に行ってきた。中学校のグラウンドが校舎改修で使えないため、近くの小学校で行われた。後方は、23日に開通する新湊大橋。Sdsc05008_2小中9年間のうち、半分くらいは応援に行ったかなぁ。マスコット製作に、夏休み頑張っていたようだ。お疲れ様。 

2012年9月 7日 (金)

渓流釣りアプローチにて

Sdsc049924日(火)は、小学生を雄山に案内。下山して、釣りに行こうと思い立ち、車を走らせた。焼酎を一人飲んで、車中泊。翌5日(水)、5時半に歩き始める。すぐに、林道脇でガサッと物音。やはり熊だった。今年、色んな場所での4回目の目撃だが、5mと一番の至近距離。カメラもスマホもザックの中、撮影チャンスを逃した。
それにしても可愛い小熊だった。ブナの木につかまって、じっとこちらの様子を伺っている。コアラのマーチみたいだし、きょとんとした目は愛犬チョビみたいだし。
その場からさらに1時間で釣り場へ。釣果はまずまず、10分に1尾のペースで釣れた。いつもはリリースしているが、この日は釣果の3分の1の10尾ほどをキープ。腹を割いてみて、うち7割がオスだったのが幸い。釣って顔をみただけでオスメスの判別が出来るようになればいいのだが。

2012年9月 6日 (木)

鉢伏山1781m草刈り

Sdsc_05889月1日(土)、大山町山岳会の5名で草刈りに行ってきた。有峰林道小口川線にある鉢伏山。前の週にやり残した上部半分強。
初めての山だが、噂通り、出だしの急登がきつい。Sdsc_0591前の週に上げてあった刈り払い機は2台。うち一台は刃の締め付けがグラグラとのことで、往復2時間かけて登山口まで、予備機を取りに行ってきた。
そしてこの一台は、刃がボロボロで切れ味悪し。私も交代してこれを使って進んでいったが、切れないのなんの。作業効率は、5分の1くらいだったのでは。Sdsc_0593それでも、どうにか終了。頂上でお弁当を食べてから、刈り払い機を抱えて、登山口に戻った。
たまにはボランティアもいいものだ。そして、やはり、やり遂げると気持ちのいいものだ。

2012年9月 3日 (月)

山ガールと立山

Sdsc04982昨日は、THE NORTH FACE金沢店のトレッキングイベントのガイドで、立山に行ってきた。年齢層は、20代~30代の10名様、うち山ガール6名。自分もおしゃれ度を高めて、行動食を、普段のかりんとうから洋風お菓子に変更した(笑)。
当初は浄土山を経て雄山登頂の計画だったが、天候不順のため、まっすぐ雄山登頂に変更。私は、半袖・長袖・薄手のフリース・雨具の4枚着ても寒かった!立山はもう秋です。Sdsc04984_2登山道は渋滞なく、皆様の足取りも順調。室堂に下りてきて、みくりが池を一周した。以前はネイチャーガイドもやっていたので、色々と解説。初めて見聞きすることも多かったみたいで、この一周はよかったと、自画自賛。この頃から青空も増えてきて、雄山もばっちり見えた。
ということで、秋の訪れを感じる立山を、皆さんと満喫することが出来た。ありがとうございました。
 

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »