ロッジわがや

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« ブータン旅行記2日目・パロ観光 | トップページ | ブータン旅行記3日目・ティンプー観光 »

2013年3月14日 (木)

ブータン旅行記2日目・ティンプー観光

Sp1000876_2パロから1時間20分ほどで、首都ティンプー市街に入った。車は、以前はスズキやトヨタなど日本車が多かったが、今は韓国やインドの車も増えてきているそうだ。Sp1000883キラを着た女性。美人揃いなのでカメラを取り出したが、後ろ姿しか撮れず。
ティンプーでは、まず「国立織物博物館」を見学。内部は撮影禁止。Simg_5193その後、丘の上にある大仏見学へ。途中、JICA事務所の横を通った。空にたなびく祈祷旗。Sp1000891丘から見下ろすティンプー市街。

Simg_5189高さ50mのクエンセルポダン(大仏)。日本では富山の高岡大仏が有名で(^^、他に奈良や鎌倉にもあるが、それらより遥かに大きい。シンガポールと香港の億万長者が奉納して総工費80億円以上とか。完成まで間近か、まだ工事中であった。Simg_5195続いてメモリアル・チョルテンへ。1974年完成で仏教史上重要な聖地ではないとのことだが、人出は多い。Simg_5203我々も大きなマニ車(くるま)を回した。Sp1000902そして市街にある「ホテル89」に投宿。ブータンの民族衣装・ゴを着せてもらう。
ちなみに、観光客は入国する際に等しく1日200ドル(250ドルだったか)を一旦ツアー会社を通じて国に支払い、そこから税金を引いたお金が、ホテル・ガイド・車・食事・様々な観光に割り振られる。この試着もパッケージに含まれている。Sp1000907_3女性はキラを着せてもらう。そしてそのままインド料理店へ行き、夕食を楽しんだ。Sp1000918ホテルに戻ったあと、街を数人でふらふらとすることに。ここの人は、カメラを向けると喜んでくれる。私も遠慮することなくたくさん撮らせてもらった。Sp1000920土産物店で買い物。商品はどこでも値段は変わらず値切り不要、とのことであったが、総額31ドルを30ドルにおまけしてくれた。
ホテルのカギは回すタイプだがかかりにくく苦労したし、シャワーのお湯はなかなか出なかったが、スタッフは親切だった。また、Wi-Fiがフロント周りで飛んでいたので、パスワードを教えてもらいスマホ端末に接続出来た。WBCで侍ジャパンが勝っていることを知ることが出来た。

« ブータン旅行記2日目・パロ観光 | トップページ | ブータン旅行記3日目・ティンプー観光 »

ブータン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブータン旅行記2日目・パロ観光 | トップページ | ブータン旅行記3日目・ティンプー観光 »