ロッジわがや

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の14件の記事

2013年4月28日 (日)

4月28日朝の立山駅

Sdsc_1389今朝は、5組おられたお客様は、全員遅い人でも5時には宿を出発して立山駅に向かわれました。一昨日から昨日にかけて3~4m積もった天狗平~室堂間の除雪の進捗状況は分からない。予定通り6時にケーブルが動くかは分からないが、早めの行動がいいと促してのことです。
立山駅周辺の宿には、アルペンルートの運行に支障があった場合には随時Faxが入ります。今朝も、除雪中との知らせが3通。気になって、9時半に立山駅に行ってみると、丁度動き始めた所でした。
うちに泊まられたお客様、ケーブルや臨時直通バスに乗り込まれた所だろうな、と思いながら写真を撮ってきました。Sdsc_1392立山山麓の家族旅行村では、こいのぼりが泳いでいます。

2013年4月27日 (土)

今朝の立山駅

Sdsc_1383昨日、室堂と一の越に電話して状況を聞いたら、吹雪、とのことだった。夜中の2時ごろ、あわすのでは激しい雷。光と音の間隔が1秒もなかった。そして今朝、お客さんを送りに立山駅に行くと、構内はがらがら。室堂周辺は猛吹雪のため、午前中の高原バス運休が決まった。追記:本日の終日運休が決まりました。8:30。
予報では、今日の午後から回復傾向、明日・明後日は高気圧に覆われるとのこと。期待しましょう。

2013年4月26日 (金)

GWの宿泊予約状況

Sdsc_1374暖かかった昨日、わがやのアイドル犬、チョビのシャンプーをしてやりました。

GWの「ロッジわがや」の宿泊予約状況をお伝えします。
4月27日(土) 残りわずか 28日(日)余裕あり 29日(月)余裕あり 5月2日(木)余裕あり 3日(金)満室 4日(土)満室 5日(日)余裕あり となっております。
予約は今からでも受け付けております。
今日はあいにくの雨、山スキー縦走に向かう予定で昨晩泊まられたお客様は、大事を取って連泊の判断をされ、明日出発となりました。予報では明日の昼から回復、GW期間中はまずまずの天候では、と期待しております。
皆様にとって楽しいGWとなることを祈っております。また、「わがや」に泊まられるお客様の楽しい旅のお手伝いが出来れば、と思っております。

2013年4月23日 (火)

尖山559m

Simg_5602下界から立山山麓に向かう道、あるぺん村を過ぎると、尖山がある。今朝、散歩がてら行ってきた。昨年までは、工事中で登山口まで車で入れなかったが、この春から乗り入れ可能。7時20分に歩き始める。Simg_5605おとといのフルマラソンで足を酷使した。太ももの筋肉痛はないが、足の裏のつま先近くが痛い。Simg_5606先ほどネットで調べたら、足底筋膜炎かもしれない。足を休めるのが一番だと、下山してから知った。Simg_5607それはともかく、里山歩きは気持ちがいい。Simg_5613ゆっくり歩いて、30分ほどで頂上へ。Simg_5615望遠レンズで、立山。Simg_5616同じく剱岳。今日は先客が1名。あわすの出身の女性だった。共通の友人もあり、色々話す。Simg_5618新湊大橋方面遠望。結局1時間弱頂上で話し込んだ。その間に2名。下山する頃には5人ほど登っていった。人気の山、とんがり山。いい山です。

2013年4月21日 (日)

加賀温泉郷マラソン

S399790_464527210295871_2019276641_今日は、加賀温泉郷マラソンへ。富山西ICを6時半に出て、現地入りは8時。雨で気温が低く寒い。あわすののライブカメラを見ると、雪が10センチほど積もっているようだ。
このブログに時々登場する浜ちゃんと撮影。スタート直前に雨が止んでよかった。そしてスタート。コースは、適度にアップダウンがあり、沿道の応援もありがたい。昨年11月の富士山マラソンでは38キロから歩いて悔しい思いをしたが、今日は42.195キロ走りとおしました。それが満足、辛かったけれど、家に帰った今、思い返すと楽しかった。
タイムはスタートラインを跨いでから4時間44分28秒(号砲からは44分47秒)。前回より2分伸びた。もっと練習しなくちゃ。
S967191f5a65c7954ace85e29defe26fb体育館で、10キロを走ったいたち川RCの女子3人との5人で記念撮影。
いい一日でした!

2013年4月20日 (土)

テンカラ釣りシーズン到来

Sp1010901寒暖の差が激しいここ数日。17・18日はポカポカで、半袖でもいいくらいだったが、昨日・19日は標高600mの粟巣野では雪が舞い、ダウンを着こむほどだった。
18日は、1時間半だけ川に入った。この、車で10分ほど走ってちょっとだけ釣りが出来る、という贅沢。
さて、水温は測らなかったが、そこそこ温んでいただろう。藤の花が咲く頃から、と言われるテンカラ釣りであるが、この日は毛鉤に反応してくれた。結局、この日は岩魚4尾、ヤマメ1尾。うち、小っちゃいのが2尾であった。全部リリース(放流)。Sp1010904釣れた場所は、この竿先の辺りの流れの中。
今年も、渓流釣りのガイドをいたします。貸し出し用の竿と仕掛けあり。初心者だけど、渓流釣りを始めてみたい方、お問い合わせはお気軽にどうぞ。
要項は次回の記事で詳しく書きます。
ロッジわがや 川尻耕治 076-482-1240 090-8266-7117 mikurigaike@yahoo.co.jp

2013年4月18日 (木)

あわすの平に花咲き始める

Sdsc_1339今日、あわすの平をジョギングしていると、カタクリが満開になっていた。家族旅行村の、長い滑り台周辺。Sdsc_1348となると水芭蕉もそろそろか、と「森の小径」に行ってみると、丁度見ごろを迎えていた。例年はGW中盤なので、2週間早いことになる。水芭蕉は、カレーのお店「プモリ」さん前の杉林と、カキ工房裏(ちょっと分かりにくいので、分からなかったらお教えします)に咲いています。Sdsc_1345ショウジョウバカマ(猩々袴、ユリ科ショウジョウ バカマ属の多年草)も咲いていた。雪解けが早かった分、花も早め。となると、山菜のステージも早めに推移するのだろう。コゴミゼンマイはあと1週間、タラの芽はあと10日ほどで出てくる気がする。

2013年4月17日 (水)

蛍烏賊の佃煮、素干し、沖漬け

Sp1010891_2おとといの晩、ホタルイカ採りに再び出撃した。同行は隣の松井山荘のおばちゃん。条件は良いものの、平日とあって人は少なめ。我々は、夜明け近くまで粘り、それぞれクーラーボックスに半分ほどを収穫した。Sp1010892_2その後睡眠45分で目を覚まして所用を済ませ、午後からホタルイカの処理。一部は、素干し。ただ干せばいい訳ではない。目玉を取らなくてはいけないのだが、干した後にすることにした。内臓にある寄生虫を死滅させるために、5日以上干す予定。Sp1010887これは、一度茹でたあとに佃煮。目玉と口と軟骨を取り除くのに、けっこう時間がかかった。そして醤油と酒と砂糖で煮込んだが、なかなか美味しくなった!Sp1010894あと、沖漬けは目玉と口を取って生のまま醤油、みりんの液に一晩漬けて、そのまま冷凍庫に入れた。これも寄生虫対策で、5日以上冷凍予定。-30度で4日以上とあるので、うちの-20度までの冷凍庫では、余裕を持って。
こうして、お客様に提供する、或いは山でのお酒の友に、美味しい保存可能な蛍烏賊料理が三品出来上がった。原料費わずか、手間はたっぷり。宿に来られるお客様、どうかお楽しみに!

2013年4月15日 (月)

ホタルイカ採りツアー

Sp1010866土曜日は、愛知からホタルイカ採りツアーのお客様。月齢は2、大潮、南風、いい日和で期待が高まる。
ホタルイカ採りには「いい条件」が幾つかある。新月に近くて月が小さい、満潮に向かう時間帯、無風か南風、海が濁っていない、日中に雨が降ってない、暖かい、などであろうか。でも、これらの条件だからといって爆湧きするとは限らないし、その逆で出ないこともある。
11日など、夜に強い雨だったのに、爆湧きしたそうだ。「昼に降ったらダメで夜はいい」という説もあるらしい。そして、富山湾内のどこに多く出るかもその日によって違うようだ。
さて、我々7名は、満潮に向かう2時ごろに海に到着。人はいっぱい、ホタルイカもけっこう採れているようだ。我々も2時間かけて、どうにかクーラーボックスいっぱいになった。砂浜が青く染まる、という光景には出会えなかったが、皆さん、特に子供たちは満足してくれたようだ。Sp1010871宿に帰り、水洗い。Sp1010872刺身を作った。Sp1010873茹でホタルイカ。Sp1010874朝5時半から宴会。この、至福のひと時。Sp1010876お昼には、蕗の薹を摘んだり、近くの川に散歩。小4と小2の子供たちにとっても、自然に触れ合う楽しい二日間となったようだ。
どうもありがとうございました。

2013年4月11日 (木)

今日のあわすの


undefined
今日は、2センチほどの積雪。青空が広がった時間帯もあったが、寒い一日だった。ベンチを二つ、ロッジ前に設置して、外の枯れた大きなタラの木を切ったら、カラダは暖まった。
今週末は、ホタルイカ掬いツアーのお客さま。暖かい日になってほしいものだ。

2013年4月10日 (水)

なごり雪

Sdsc_1304なごり雪、というほど詩的ではなく、2日ほど続きそうな迷惑寒波。明日・明後日にはけっこう積もるかもしれない、標高600mのあわすの。タイヤは既にノーマルタイヤ。さて、どうなることやら。

2013年4月 8日 (月)

マラソン始動

Sdsc_1272申し込めば練習するだろう、と思ってエントリーした大会の要項が送られてきた。4月21日(日)、加賀温泉郷マラソン大会のフルだ。締め切りは2月末でその半月前に申し込んだので、その時点で大会まで2か月あった。しかし、相変わらずの練習不足。週に10キロほどしか走っていない。あと2週間、少しだけもがいてみようか。Sdsc_1287一昨日は、入会して8ヶ月の「いたち川RC」の総会に出席。自己紹介で舞い上がって、「今年はサブ4を目指します」と言ってしまった。ま、自分が人の抱負を覚えていないように、誰もそんなこと覚えていないだろうけど。
今の脚力では、今度の大会では5時間切れるかどうかだろう。でも、昨年11月富士山マラソンの、4時間46分58秒は超えたい。秋には4時間切りを目指して、まずはランニングが日常になるようにせねば。

2013年4月 7日 (日)

十石山2524m

S67951_353097331477773_674613799__2快晴の5日に、十石山に行ってきた。同行は多賀谷さん、知彦、山ちゃん。朝5時に大沢野で待ち合わせて、白骨温泉を7時半出発。Sp1010758_2唐松林、シラビソ林を抜けて、森林限界へ。Sp1010765標高差は1000m、3時間ちょっとで頂上に着いた。360度のパノラマ。乗鞍をバックに、次回のルートを検討。Sp1010762思い入れのある山、笠ヶ岳。正月に、広サコ尾根(左側)から登ったこともあったっけ。山小屋で1シーズンアルバイトしたのは、25年前だ。Sp1010769頂上にある十石小屋。最近知り合った人が管理人をしている。ここに泊まって夕方と朝の景色を見てみたい。Sp1010811たっぷり1時間休んで、さぁ滑降。前穂の吊尾根をバックに、山ちゃん。

続きを読む "十石山2524m" »

2013年4月 4日 (木)

あわすのにもふきのとう

Sdsc_1276あわすのの雪解けも、順調に進んでいる。昨年の今日は20センチの降雪があった。ちなみに昨年の4月3日は強風で、トタン屋根がぶっ飛んだ。Sdsc_1273蕗の薹採りをする人もちらほら見かけるようになってきて、私も少しだが摘んできた。Sdsc_1274お昼ご飯は、レトルトカレーと天ぷら。苦味が美味しかった。残りは、蕗の薹味噌でも作ろうか。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »