ロッジわがや

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 鳴谷山1597m | トップページ | 大熊山1629m »

2014年10月 6日 (月)

栃木の沢へ

20141004_060025
10月4日(土)は、東京時代に在籍していた「銀座山の会」の山行に誘われて、富山から新潟の六日町へ。深夜に道の駅で合流、ささやかな宴会のあと起きてみると、山の方面はどんより。雨のようだ。
今回は初心者がいて、人数が多いから、当初予定していた巻機の沢は無理とのリーダーの判断。沢の中での泊り・焚き火・宴会を楽しみにしていたのだが、仕方がない。
「地形図がなくても行ける、栃木の沢に行くから。富山からは遠くなるけど。」ということで、転進。
20141004_094844
高速を飛ばし、関東平野を横断して、2時間半かけてやってきたのは矢板市。
20141004_095001
今回の概念図(笑)。桜沢を遡行するのだ。
20141004_101735
車を停めた山の駅から登山道を下降して、入渓点へ。
20141004_111035
「咆哮の滝」を突破。

20141004_113057
ナメ滝。
Buolkkpio
ジャンプ!
20141004_121802
山ガールと山ガーナ。そうそう、今回は女子7名、男子は舘野リーダーと私の2名の、9人パーティ。
20141004_122113_2
夏ならわざと濡れたい滝。
20141004_122545
気持ちよくクライム。
20141004_130837
幽玄な光景。
20141004_131519
長大なブランコ発見!アトラクションに興じる。
20141004_131630
楽しい!
20141004_140403
この滝もきれいだった。
20141004_140944
上から見下ろす。
20141004_143424
遡行時間は3時間半。道路に出て、山の駅へ戻る。
20141004_160418
この日は、許可を得て、この場所で宴会をすることに。
20141004_172850
ビールが美味い!
20141004_180601
手際よく作られていく料理たち。右下のシェラカップの黒いのは、富山の「いかの黒作り」。
20141005_065940
5日(日)の朝、起きてみると、期待どおりの雨。どこにも登らずに帰ることに。
20141005_112458
せっかくここまで来たからと、宇都宮餃子。
20141005_113158
美味しかったです。
この後、富山まで下道で帰ろうとも思ったが、なかなか栃木から抜け出すことが出来ず、途中まで高速に乗って帰った。
今回も山にお誘いいただき、愉快な皆さんと行くことができました。ありがとうございました。

« 鳴谷山1597m | トップページ | 大熊山1629m »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳴谷山1597m | トップページ | 大熊山1629m »