ロッジわがや

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 宝川ナルミズ沢 | トップページ | 戦後が戦前となりませんように »

2015年8月13日 (木)

山梨県・尾白川水系鞍掛沢~金山沢遡行その2

001kura
8月1日(土)~2日(日)の沢登り。銀座山の会のリーダー・T野さんから画像が届いたのでアップ。
出発は、日向山登山口。
002kura
入渓後、早速竿を出す私。
003kura
渓相はなかなか良い。
004kura
暑いので泳いで遊ぶ。
005kura
快適な遡行。

006kura
ウオータースライダー。思えば、このメンバーとは30年前からこんなことをやっている。一番最初に滑ったのは、奥多摩の水根沢の滝だったか。
007kura
この日は、釣りをする私のために足を止めてもらっていたが、それでも13時には乗越沢出合の幕営地へ。タープと焚き火場所を確保した。
008kura
岩魚の塩焼き。
009kura
至福の時間。
010kura
枝豆とビール。
011kura
まったり。
012nokkosisawa
翌2日。乗越沢はこちら。
013kura
我々は鞍掛沢をしばらく進む。
014kanayama
やがて、金山沢に入った。
015kana
こちらも渓相は良い。
016kana
こんな滝が次から次へと。
018saheki
これは左壁とブッシュのコンタクトラインを登った。
019kana_3
私は今回の沢を、「少し小汚い赤木沢」と形容して称えた。流木が多く岩はもろい。
020ugan
これは右岸を巻いた。
021ugan
これも右岸から巻いた。
022kana
40mの大滝。ここは右岸を登り、灌木を利用して岩を乗り越えた。ロープ使用。計ロープは2回、お助けロープは数回使用。
023kana
大滝というより壁。
024kana
記念撮影。
025tume
やがて源頭部へ。
026tume
藪漕ぎなし。ただしきつい登り。
027tume
駒薙ノ頭に10時10分到着。
028miti
日向山を目指す。気持ちのよいカラマツ林。
029miti
頂上への最後の登り。
030miti
こちらは、「やたらと暑い燕岳」といったところか。
031miti
12時40分、頂上着。日向山、いい山だ。ハイキングで次々とやってくる登山者が、皆頂上に着くなり「すご~い!」「わぁ~!」などと感嘆の声を上げていた。それほど展望の良い、素晴らしい山頂だった。
そして50分かけて下山、尾白の湯で汗を流して食事をして、皆さんと別れた。今回も楽しい山旅でした。ありがとうございました。


« 宝川ナルミズ沢 | トップページ | 戦後が戦前となりませんように »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宝川ナルミズ沢 | トップページ | 戦後が戦前となりませんように »