ロッジわがや

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 称名滝から雄山3003m | トップページ | 立山駅~称名滝~八郎坂~弥陀ヶ原 »

2019年7月23日 (火)

岩瀬浜~浜黒崎~岩峅寺ラン&みうらじゅんフェス

Dsc_3703
定休日の22日(月)は、4時半起床、車で富山地方鉄道岩峅寺駅へ。5時26分発の電車で富山駅。駅蕎麦の朝食後、6時36分発のポートラムで岩瀬浜到着が7時。と、スタートまでに2時間半を要した。
7時10分に走り始め、5キロ走って浜黒崎。ここが、立山登山マラニックの起点になる。
Dsc_3704
常願寺川の左岸、河川敷を上流に向けて進む。本来のコースを外れてしまった、或いはわざと外した箇所もあるが、岩峅雄山神社まではスマホアプリの計測で20キロ、2時間5分だった。
Dsc_3706
さらに1キロ走り、岩峅寺駅に到着。これで、今回の浜黒崎~岩峅寺、岩峅寺~立山駅、立山駅~桂台、称名駐車場~雄山と、マラニックコースのほぼ全てを走破したことになる。桂台~称名駐車場の約4キロは、誘惑に負けて友達のクルマに乗せてもらったので、またいずれ。
で、単純に足し算をすると、制限時間の11時間には間に合う。しかし、これを通しで走るので、脚やカラダへの負担は半端じゃないだろう。そのマイナスと、周りの声援から受けるパワーのプラスを相殺すれば、完走が見えてくるのかも。

Dsc_3710
家に戻り、おかみと「みうらじゅんフェス」へ。どの程度のみうらじゅんファンかというと、銀行やラーメン屋で週刊文春を見つけると、必ず彼のエッセイページを開く、といったレベルだ。
Dsc_3713
彼の世界観は素晴らしい!
Dsc_3715
コレクションも、よくぞこんなに、と感心するばかり。
Dsc_3714_20190723084401
各所に才能がある、知の巨人かも。
Dsc_3718_20190723084401
昭和48年とあるが、吉田拓郎が好きなんだ。
Dsc_3719
菊人形と記念撮影。
Photo_20190723085401
「かど屋」の営業時間は火・水・木・金・土は16:00~22:00、日は16:00~21:00です。週末の営業が23時までだったのが、22時までに変更しています。店内禁煙、カウンター9席のみの小さいお店です。皆様のご来店、お待ちしております。



« 称名滝から雄山3003m | トップページ | 立山駅~称名滝~八郎坂~弥陀ヶ原 »

マラソン」カテゴリの記事

富山の観光」カテゴリの記事

立山登山マラニック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 称名滝から雄山3003m | トップページ | 立山駅~称名滝~八郎坂~弥陀ヶ原 »