ロッジわがや

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 立山縦走二日目 | トップページ | 渓流釣りの1日と1時間半 »

2019年8月26日 (月)

第22回立山登山マラニックに参加

69373584_2388728564543818_17003473330965
立山登山マラニック感謝週間!出場者・ボランティア・スタッフには、生ビールまたはお好きな飲み物を一杯サービスします!9月末まで(延長しました)。また、アスリート(あらゆるスポーツ)には素敵なプレゼントあり。自己申告してください。ぜひご来店くださいね。
今後の休み。8月26日(月)、27日(火)、9月2日(月)、4日(水)です。よろしくお願いします。
8月24日(土)は、この夏の目標であった「立山登山マラニック」に参加してきた。
前夜は「かど屋」の営業を20時に終え、21時過ぎに椅子を並べてベッドを作り、就寝。2時10分に目覚ましがなるまでの間、4時間ほど眠れた。着替えをして徒歩2分でバス出発所へ。そこから浜黒崎行きのバスに乗り、3時過ぎにスタート地点に着いた。
受付を済ませて、選手や応援の友人たちと健闘を誓い合い、海に手を浸しに行き、大会本部の挨拶が終わり、4時に海抜0mをスタート!
68857625_2388728767877131_38471130300683
初めは懐中電灯を手に、河川敷を走る。4時40分頃に灯りを消して、快調に進む。気温は23度ほどか、暑くなくてよかった。
ここからの写真、応援に来てくれた友人たちから送ってもらったものが殆ど。ありがとうございました。
69470427_2388728831210458_56452835862705
21キロ地点、岩峅雄山神社エイドには6時に到着。予定より5分早い。
68804299_2388728937877114_75466777243125
応援のおかみとハイタッチ。

69409368_2388729007877107_32043836081522
実はテレビの密着取材も受けてまして、カメラの前で色々喋りました。富山のみですが、BBTテレビで9月29日(日)の午後に放送とのこと、お楽しみに。
69037903_2388728871210454_71535138840059
岩峅寺からは、登り下りを繰り返しながら、立山駅まで。沿道の応援を力に!
69598186_2388729524543722_71386850154952
常願寺川の左岸を走る。
68977293_2388729477877060_91565261837670
私設エイドがたくさん!ありがたかったです。
69555498_2388729154543759_70729774103454
芦峅雄山神社前の私設エイドに到着。7時40分頃。
69577459_2388729241210417_32894596861510
私設とは思えない充実ぶり。
69404533_2388729384543736_67505313103740
応援ありがとうございます!
少し走って立山大橋へ。この先の坂は歩いて登り、らいちょうバレー前でパラグライダースクールの皆さんの声援を受けてからは、立山駅まで下り。ここで張り切り過ぎて、太ももが危なくなった。
39キロの立山駅エイドには8時20分着。予定より5分遅れ。ここで、称名滝駐車場からの八郎坂が土砂崩れで通行止めと知る。バスで輸送とのこと、慌てることはないな、と。
そもそも、立山駅から称名へは標高差500m以上あるので、時々走りながら歩いて行こうと思っていた。しかしほぼ歩きになってしまった。途中の私設エイドに赤ワインがあったのでクピッと飲んだ。
69765534_2388729694543705_40183633318940
46キロの称名滝駐車場エイドには9時40分に到着。当初は9時25分着、35分出発の予定だったので、15分遅れ。
69538706_2388729631210378_72986268316393
ここでは、八郎坂通行止めによる輸送バスを待つ多くのランナー。焦っても仕方がないので、シャツを着替えてエイドのソーメンを3杯頂いて、談笑しながらバスの到着を待った。
前日まで3日ほど降り続いた雨。朝6時に桂台のゲートが開いてすぐに八郎坂に向かったスタッフが、前日までなかった崩壊を上部で見つけたのは7時頃になるだろう。トップ選手が迫ってくる中で運営側が下した最良の選択が、ここで打ち切りではなくバス輸送だったのではないか。ただし、桂台から先は日本一高い有料道路。バス1台が室堂に行くのに51820円かかる。これが何往復増えたことか。相当な出費増を覚悟した、大いなる決断だったと思う。感謝の言葉しかない。
69089113_2388729841210357_81192941415835
マラニックの部及びウオークの部の早い人たちは、弘法1600mまでの送りになったようだ。私の乗った一つ前のバスは、弥陀ヶ原1950mまで。そして私の11時20分頃発のバスは、弥陀ヶ原か室堂2450mの希望するほうで下りるという選択。これらは、各関門の時間に引っかかるかどうかの按配での判断だ。
私は室堂まで乗せてもらい、室堂エイドに12時40分頃到着。最後の輸送バスは、14時頃に室堂着で、雄山登頂は諦めざるをえなくなったとのこと。それはとても可哀想なことだが、仕方のないことだと思う。
写真は、美松辺り。バスで選手たちを追い抜いた。
69155442_2388729987877009_86290224708856
さて私は、室堂までバスでワープする間に3時間休んだおかげで、太もも回復。雄山ゴールも見えてきた。一の越2700mを13時40分頃に通過した。
69794492_2388730044543670_68771205751609
そして雄山に14時10分頃に登頂!海抜0mから称名駐車場1000mまでの46キロと室堂2450mから雄山3003mまで、無事完走した。
励まし合って走り、登ったパラグライダースクールの3人と記念写真。
69019132_2388730204543654_17059200875228
ここからは歩いて雷鳥荘まで。ターミナルで、マラニック日帰り参加のYさん夫婦と。一緒に練習も頑張りました。ありがとうございました。
69165920_2388730251210316_90954237928758
雷鳥荘では、混んでいたので温泉には5分ほどだけ浸かり、生ビールを飲んで、夕食でも生ビール。歓走パーティでもビールと、楽しい夜は過ぎて行った。21時半頃に部屋に戻って就寝、朝は5時頃目覚めて温泉のあと、朝ビール。美味しかった。
筋肉痛はほとんどなく、室堂ターミナルに移動。皆で記念撮影をして、9時に室堂出発、11時に富山駅に到着。エントリーしてからずっとマラニックのことを考えてきた夏が、終わった。
家族、応援の皆さま、ラン&山仲間、スタッフ、ボランティア、私設エイド・・全ての人々に感謝です。ありがとうございました。
Photo_20190826135301
「かど屋」の営業時間は火・水・木・金・土は16:00~22:00、日は16:00~21:00です。週末の営業が23時までだったのが、22時までに変更しています。店内禁煙、カウンター9席のみの小さいお店です。皆様のご来店、お待ちしております。

« 立山縦走二日目 | トップページ | 渓流釣りの1日と1時間半 »

マラソン」カテゴリの記事

立山登山マラニック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立山縦走二日目 | トップページ | 渓流釣りの1日と1時間半 »