ロッジわがや

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「山登り」の496件の記事

2020年1月29日 (水)

呉羽山トレラン

19305_0
25日(土)は、仕込みを早めて時間を作り、歌声を聴きにオルビスへ。従姉が創めたボーカルグループ、女性5人の素敵なハーモニー。
10309
特に、米津玄師の「lemon」が良かった!オリジナルよりも心に沁みた。途中で退席して、お店に戻ったのだった。
19288
26日(日)は、もう当たり前の感覚となった、1月なのに暖かい日和。呉羽山にトレランに出かけた。
19291
旧8沿いの公園をスタート。体は重いので、速足で時々走るつもりで。木洩れ日が晩秋か早春の感覚。

続きを読む "呉羽山トレラン" »

2020年1月27日 (月)

尖山559m

P1213348
1月21日(火)は、芦峅寺のゲストハウス「ピステ」を8時に出発。10センチの降雪があり、今シーズン初めてスタッドレスタイヤが役に立った。8時30分頃、横江の登山口から歩き始める。雪を纏った竹林が幻想的。
P1213349
長靴の足元は冷たいものの、皆でワイワイ言いながら歩く。
2020120-2_200123_0043
1時間ほどで尖山頂上着。先行して待っていたあけみちゃんとも合流、記念撮影。

続きを読む "尖山559m" »

2020年1月13日 (月)

栂池から天狗原・山スキー

P1133255
昨日は20時にお店を閉めて、いそいそと出発。かど屋常連さんで、昨シーズンも3回一緒に滑ったSさんと、長野へ。かつて在籍していた「銀座山の会」の仲間たちが待つ宿に、22時過ぎに着き、宴会。やがて、屋根を叩く雨音を聞きながら就寝。
明けて本日・13日は、7時半頃から栂池スキー場ゴンドラの列に並んだ。
P1133256
9時にゴンドラ上を出発。ある所に雪はある。20センチほどの新雪。
P1133260
今回のメンバーは8人。体調不良とシール不調の2名は下で観光、お気の毒様でした。

続きを読む "栂池から天狗原・山スキー" »

2019年12月30日 (月)

小佐波御前山754m

Pc293231
「かど屋」は、12月28日(土)で2019年の営業を終えました。年明けは、1月6日(月)から営業いたします。今年もたくさんのお客様にご来店いただきました。ありがとうございます。隣の人と盛り上がった、料理とお酒が美味しかった、女将やマスターと色々な話が出来た、などなどの嬉しい言葉を多くいただきました。励みになります。来年も、皆様に喜ばれるよう、いいお店作りをしていくつもりです。今後ともご贔屓にお願いいたします。
さて、昨日・29日(日)は、朝から気持ちのいい青空。自宅から見える立山連峰もきれいだった。久しぶりに、大沢野にあるこの山に行ってみることに。一番奥まで車で入り、長靴を履いて11時55分に登山開始。
Pc293233
途中、獅子ガ鼻に立ち寄る。
Pc293234
獅子ガ鼻から見た神通川。

続きを読む "小佐波御前山754m" »

2019年12月10日 (火)

城ケ平山446m&10キロジョグ

Pc093090
山に抱かれたい、山の懐に入りたい。ド快晴の昨日は、そんな気分だった。西に向かうか東に向かうか、より近くに立山連峰を望める、東の山へ。
Pc093092
道中、期せずして環状交差点(ラウンドアバウト)に遭遇。富山県ではここが初。
Pc093094
大岩の登山口を10時5分に出発。杉林の向こうに富山湾。
Pc093097_20191210093701
途中には、作業小屋が幾つか。田んぼの跡もあり、こんな山奥でも耕作していたのか、と昔の人にはいつも尊敬の念がわく。

続きを読む "城ケ平山446m&10キロジョグ" »

2019年12月 3日 (火)

山小屋関係&呉羽山

20191129-175909
今年もあっという間に師走、早いものだ。まあ、今年は季節の巡るのが遅かった、という年はあまりなかったような。
年末、山小屋のご主人たちも会合などで街にやってこられる時期。阿曽原温泉小屋の泉さん、うちの娘もアルバイトでお世話になった室堂山荘の千尋さん。いつもありがとうございます。
20191130-185347
薬師岳山荘の堀井さんは親子2代でのご来店。今年もおもてなし嬉しかったです。来年は泊まりに行きます!と山女子。
20191129-211240
その薬師岳山荘で4年前に出会った、Mさん。かつて、おかみの母校・富山南のサッカー部を全国に導いてくださいました。お隣は、マスターとJOCV仲間のかよちゃん。
日曜日には山岳警備隊の皆さんも来てくださいましたが、画像はNGとのことで。
Pc013043
天気の良かった1日(日)は、後で回数を調べようと思うけれど、今年は数多く通っている呉羽山へ。

続きを読む "山小屋関係&呉羽山" »

2019年11月16日 (土)

二上山274m

Pb133018
11月18日(月)19日(火)と連休させていただきます。
お陰様で、「かど屋」は4年目に突入。賑わう日もあれば静かな日もありますが、お客様に恵まれて日々過ごしております。
午前中、天気のいい日はなるべく外へ。13日(水)は、高岡の二上山へ。青年の家に車を停めて、広い道をゆっくりと登っていく。
Pb133019
万葉ラインを横切る所に立つ、大伴家持像。そして頂上まで数分。合計30分ほどの登り。
帰りは、ちょっとメインコースを外れて横道から帰途へ。そんな所で、枝を削ってストックを作っている人に遭遇してびっくり。最近はクマのニュースが多すぎて少しは用心しているが、どんな所にもヒトはいるものだ。
Pb153024
15日(金)は、時間がなかったので買い出しの途中に海老江のヨットハーバーより。立山連峰がきれいだった。
Photo_20191116091901
当店は、キャッシュレス・ポイント還元事業に登録済みです。PayPay及び各種クレジットカードをご利用の場合、5%が還元されます(PayPayの場合、上限はあるがPayPayからの5%を足して10%の還元)。
「かど屋」の営業時間は火・水・木・金・土は16:00~22:00、日は16:00~21:00です。店内禁煙、カウンター9席のみの小さいお店です。皆様のご来店、お待ちしております。


2019年11月10日 (日)

道迷い遭難(笑)

Dsc_4347
小春日和の今日も、呉羽山へ。今日は③の所に車を停めて、南西方面を歩いた。この辺りは道が何本もあり、歩き切っていないので、55分ほど散策した。広葉樹林あり竹林あり杉林あり、なかなか面白い。
車に戻った頃、車道から女子中学生たちが歌いながらやってきた。山道に入る所でスマホを覗いて、「こっちかな~」「この上じゃない?」などと言っている。私が「何処に行くが?」と聞くと、「しろやま公園です。駅伝の応援です」と。しろやま公園がどこかは分からないが、県駅伝なら旧8号線だ。聞くと、①の西富山駅から歩いてきたとのこと。駅伝の中継所はそこから400mほどの②地点だ。今いる③までは3キロほどか。ぜんぜん逆方向だし。ごくろうさま~。私は彼女たちを②まで送り届けたのだった。クルマから降ろすと、皆元気にお礼を言ってくれた。
Pb093005
以下、写真は前日・9日(土)のもの。家の近くの海岸より。
Pb093008
呉羽山の杉木立の道。
Pb093015
「のぞみの丘」より立山連峰。
Pb093016
道は年々整備されてきていて、歩き易い。また、今の所クマの目撃情報はないし、イノシシの痕跡もない。タヌキの親子は見たことがある。
トレイルラン、ハイキングの人多数。憩いの里山です。
Photo_20191110122901
当店は、キャッシュレス・ポイント還元事業に登録済みです。PayPay及び各種クレジットカードをご利用の場合、5%が還元されます(PayPayの場合、上限はあるがPayPayからの5%を足して10%の還元)。
「かど屋」の営業時間は火・水・木・金・土は16:00~22:00、日は16:00~21:00です。店内禁煙、カウンター9席のみの小さいお店です。皆様のご来店、お待ちしております。

2019年11月 8日 (金)

呉羽山と立山山麓

Pb052980
晩秋の貴重な晴れの日。5日(火)は、おかみと近くの呉羽山へ。立山連峰と富山平野。
Pb052978
こころ安らぐ森の中を歩く。
Pb052982
45分ほど歩き、城山(じょうやま)頂上。こんなドングリアートが置いてあった。

続きを読む "呉羽山と立山山麓" »

2019年10月12日 (土)

ザレ峠を目指して

Pa112843
本日12日(土)、台風19号接近のためお店を休ませていただきます。
11日(金)は、藪を漕いで峠を目指すというガイドの仕事で奥飛騨へ行ってきた。
「佐々成政のさらさら越え」がどういうルートを通ったかには、諸説ある。1584年12月にザラ峠、針の木峠を経て信州側に出た、というのが一般に知られた道程である。昨日は、それ以外に推察されているうちの、安房平から「古安房峠(ザレとも)」を越える古道を辿ってみた。
朝日新聞土曜版に連載されている「みちのものがたり」。その「ザラ峠」などを訪ねる旅のエピソードの一つとして、記者とともに山に入った。
8時15分、1659mの安房平出発。天候は曇り。
Pa112845
5分ほど出水沢を歩き、最初の支流に入る。足下を濡らしながら、沢沿いを登る。
Pa112848
尾根に上がろうとも考えたが、笹薮が濃すぎて取り付けない。地形図を確認しながら、そのまま藪の薄い沢を詰めた。

続きを読む "ザレ峠を目指して" »

より以前の記事一覧